このページの本文へ

制作現場で役立つjQueryプラグインの使い方 (1/3)

2009年12月24日 17時08分更新

文●西畑一馬/to-R

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

※この記事は「Web制作の現場で使えるjQuery UIデザイン入門」の第25回です。過去の記事もご覧ください。


 jQueryを利用してさまざまなUIの作成方法について解説してきた本連載も、いよいよ残すところ2回です。今回と次回では、Web制作の実務で役立つ「jQueryプラグイン」の概要と利用方法について解説します。


jQueryプラグインとは?

 「jQueryプラグイン」とは、jQueryと一緒に利用するJavaScriptライブラリーのことです。jQueryは本連載で解説してきたように簡単な記述で利用できますが、jQueryプラグインを使うとより手軽に、Webサイトにさまざまな効果を付けられます。

 jQueryプラグインはjQueryでスクリプトを書ければ簡単に作成できるため、インターネット上には膨大な数のプラグインが公開されています。公式サイトのjQueryプラグインの紹介ページに紹介されているだけでも4000個近く、ブログなどで個人が公開しているものも合わせれば、その数は数万種類にも及ぶでしょう。

プラグイン紹介ページ

公式のjQueryプラグインの紹介ページ。4000個近いプラグインがカテゴリー別に紹介されている


 また、プラグインそのものがjQueryで記述されているので、jQueryを深く学習したいときにも役立ちます。jQueryで作成したい機能に近いプラグインのソースコードを参考にすれば、実装方法や記述方法について多くのことが学べるはずです。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く