このページの本文へ

こうして守れ!メールのセキュリティ第7回

新ソフトウェア4.3でバックアップやヘルスチェック機能を追加

ミラポイント、メールアーカイブ専用機を強化

2009年10月23日 07時30分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月22日、メールアプライアンスを手がけるミラポイントは、メールのアーカイブ専用機「Miraopint RazorSafe」に最新ソフトウェア4.3を搭載し、機能強化を図ったことを発表した。

ミラポイントの「RazorSafe 150」

 RazorSafeではPOP/IMAPにより、メールボックスに接続し、メールをバックグラウンドで自動アーカイブするアプライアンス。法令遵守や情報開示要求などに応えるため、メールを改ざん不可能な形で保存し、ユーザーがいち早く検索できる環境を提供する。

 最新のソフトウェア4.3では、バックアップ機能が強化。テープドライブへのローカルバックアップのほか、災害時のデータ保全の容易にするリモートバックアップ機能が追加。差分と全体のバックアップの統合を自動化したり、ポリシー設定によるバックアップの集中管理なども可能になっている。

 また、RAIDアレイやファイルシステムの空き容量、通信状態などをチェックするヘルスモニタリングの強化が図られ、外部の管理ツールからSNMP経由で調べることも可能になった。さらに、帯域の状態を調べ、アイドル時にメールサーバにフェッチしたり、保守の外部からSSH経由でのアクセスできるようになった。

 ソフトウェア4.3は中小規模向けのエントリモデル「RazorSafe 150」から、10万ユーザーまで対応する「RazorSafe 6000」まで全4モデルに搭載され、2009年11月11日から出荷される。なお、1TBのHDD、2GBのメモリを搭載するRazorSafe 150の販売価格は346万5000円~となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ