このページの本文へ

みんなお待たせっ! 富士で一緒に応援しよう

初音ミクZ4応援バスツアー 詳細決定!

2009年08月17日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真/加藤智充、水野智子、編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月13日に富士スピードウェイで開催されるSUPER GT 第7戦。そこに出場する、初音ミクZ4を応援するバスツアーがこのたび企画された。GT公式ツアーや、KONDO RACINGのバスツアーなど、SUPER GTがらみの応援ツアーはいろいろあるが、初音ミクZ4を応援するためのツアーはこれが初となる。

本ツアーは、最少催行人数に満たなかったため、開催を見合わせることになりました。なお、次戦以降で改めて内容を充実させた応援ツアー企画を検討しております。

 今まで、ASCII.jpの密着レポ(関連記事)などを読んで、「応援に行きたいけど、SUPER GTのチケットの取り方がわからない」と思っていた人も多いだろう。もしくは「個人スポンサー同士で集まって応援したい」と考えていた人もいるかと思う。そんな人たちに向けてのツアーがこの「初音ミクZ4応援バスツアー」なのである。

 初音ミクZ4応援バスツアーに参加すると、こんなメリットがある。


サーキットサファリ

 毎回、チケット争奪戦が繰り広げられる“サーキットサファリ”。猛スピードで駆け抜けるレースカーたちを、サーキットを走るバスの中から見られるという、大迫力のイベント。サービス精神旺盛なドライバーたちが、バスすれすれを走ってくれたり、間近でエキゾーストを堪能できたりと、サーキット観戦に来たなら一度は参加したいイベントだ! そんなサーキットサファリに参加できちゃうのだ!

通常、早朝から並ばないと取れないサーキットサファリのチケットも、このツアーに参加すればバッチリ、バスに乗れる!

※注:送迎バスの運行スケジュールには十分余裕を持っておりますが、道路状況によっては、搭乗できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。


チーム監督&ドライバーの挨拶、さらに憧れのレースクイーンとの写真撮影

 チームのプライベートガレージで、チーム監督やドライバーが決勝にかける意気込みを熱く語ってくれる! ツアー参加者とチームが心をひとつにして、初音ミクZ4の応援団結団式を行なう予定だ。その後は、応援ツアー参加者がひとりずつ、レースクイーンと一緒に撮影が可能! この写真は帰りのバスで渡すので、ツアー参加記念のお土産として持って帰れるぞ!

決勝前の意気込みをチーム代表や監督、ドライバーに語ってもらう! 富士スピードウェイはホームコースなので、気合いが違う!
そのあとは、ミクミクギャルズと記念撮影も!

パドックに限定入場! ミクZ4が間近で見られる!

 時間制限があるが、パドックエリアに入場して初音ミクZ4のピット裏に行くことができる! エンジンオイルやガソリンの匂い、スリックタイヤや工具類など、テレビでしか見られないピットやクルーの様子が直接見られるチャンスだ! 係員が誘導するので、はぐれないように注意してほしい(別途パドックパスをご購入いただけば、時間制限なしで見学することも可能です)。

SUGOのパドック裏でのひとコマ。スタッフが忙しく動いているので、邪魔にならないように見学しよう

表彰台やプレスルームなど、サーキットの裏側を見学

 富士スピードウェイの表彰台のど真ん中、それはドライバーたちの夢であり目標だ。そんな表彰台を特別に初音ミクZ4応援ツアーのみんなにお見せしよう! さらに、数々のメディアやジャーナリストが情報を発信する、最新設備が整ったプレスルームも見学できるぞ! みんなが読んでいる記事がどのように作られているのか、とくとご覧あれ。

みな、この頂点を目指し、切磋琢磨している。そんな神聖な表彰台に近づける!(表彰台には登れません)

※注:当日のレース進行状況によっては表彰台の見学が実施できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。


特別応援シートで初音ミクZ4をみんなで応援!

 みんなの応援が、初音ミクZ4をさらに加速させる! 応援グッズや特製ネギ旗で、ホームストレートを駆け抜ける初音ミクZ4を後押ししてほしい。

国内屈指のロングロングストレートを、最高速という武器を手に入れた初音ミクZ4が駆け抜ける! ネギ旗がチギれるまで振りまくって応援しよう!

レース終了後にドライバーやチームスタッフを囲んで記念撮影

 レース終了後にサーキットを歩ける「コースウォーク」を実施。初音ミクZ4のピットの前で、応援した皆で記念に集合写真をパシャリ!

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ