このページの本文へ

仕事で使える!Firefox便利ワザ 〜夏休み3日間集中講座〜 第1回

Firefox 3.5をビジネスに使う基本ワザ

2009年08月13日 06時00分更新

文● 野々下裕子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タブを自在に使うための機能とアドオンも豊富

 今やWebブラウザでは当たり前となったタブ表示機能だが、Firefoxは早くからタブ機能を搭載していただけに、その扱いも自由度が高くなっている。

 たとえば、ネットで調べものをする場合、検索結果のページはそのまま残してリンク先をタブで表示するといった使い方が便利だが、気がつくとタブが大量に開いていて目当てのページを見失ったりする場合もある。Firefoxではタブバーの右端にある小さなボタンから開いているタブを一覧表示できたり、ドラッグ&ドロップで並び替えたり、あるいは任意のタブをウィンドウの外にドラッグして独立したウィンドウとして表示するといったことができる。

 さらに、うっかり閉じてしまったタブを記憶していて、再度開いた際にセッションも含めて丸ごと復元できるようになっている。ウィンドウも同様に復元可能だ。

閉じたページの履歴も一緒に復元

うっかり閉じたタブを復元する機能はもちろん、履歴も一緒に復元でき、ウィンドウも同様の操作ができる

タブグループマネージャー

タブ系アドオンはいろいろあるが、そのひとつ「タブグループマネージャー」は複数のタブをグループに分類して名前を付けて管理できる

 Firefoxはタブの機能についても「オプション」から設定しておくことができるなど結構便利だが、さらに便利に使えるアドオンも豊富に揃っている。タブを階層で表示する「ツリー型タブ」、タブをうっかり閉じないようにロックできる「Tabloc」、全てのタブを横断して全文検索できる「Find In Tabs」、カーソルを合わせるとページのサムネイルがポップアップで表示される「Tab Scope」、タブをグループ化して管理できるる「タブグループマネージャー」など、たくさんの便利なアドオンが開発されている。これらはアドオンのページから「タブ」というキーワードでいろいろな機能を持ったアドオンが検索できるので、自分の使い方に合うものを探してみよう。

次ページに続く

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ