このページの本文へ

アメリカ最大のオタクイベント「コミコン2009」レポート 最終回

コミコン2009、大盛況のうちに閉幕!【最終日】

2009年08月06日 22時44分更新

文● ゴリラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイヤーブースでも汗だくに!

 こちらの完熟ピーチのカリフォルニアンガールは、バイヤーのブースでお店のアイテムそっちのけで目立ってました。本来は、彼女が身に着けている商品、大ヒット映画「トワイライト」のアパレル商品がウリらしいんですが、どうにも彼女本体をみなさんが欲しがってました。

 ヴィンテージのコミックを中心に扱う古本屋さん。かなり高額のコミックもあるが、中には良心的な値段のものもあり、案外掘り出し物もあります。

 日本ではアメコミ専門店が減ってきているので、ファンには嬉しいお店。実際に手に取りながら物色したり、お店の人と直接値引き交渉できるのも、ネットにはない現場ならではのもの。

 本日もひっきりなしにお客さんがやってくる「JUNGLE SPECIAL COLLECTORS SHOP」。ゴジラ好きな少年が、メカゴジラのソフビをお父さんと吟味しまくってました。もはやアメリカにおいても「ゴジラ」は親子で語れる2世代鉄板キャラクター。

 コミック、アニメなどを専門とした画廊がいくつも出展していて、中にはディズニーやピクサーの原画、そしてコチラはアレックス・ロスのリトグラフも販売されています。若干お高いですが、それでもこれらを生で見られるだけでも感動! う~~~ん、欲しい!!

 ジャパニメーションのセル画を販売するお店。みな真剣に、自分のフェイバリットアニメ、またはお気に入りの名場面を探してます。ハッ! こ、このシーンは……!?

 初日にクリーチャー制作の実演をしていた、モンスターズTVのブース。今度は特殊メイクをその場で実演! それこそスリラーやホラー映画のメイキングなどで特殊メイクは見てきたけど、こんなにじっくり生で見られるとは。アニメにお色気に特殊メイクと、このカオスなグルーヴがコミコンの楽しさ!

メイク中。とっても暑そう。どんどん人間離れしていきます

うがぁーー! とノリノリの男性。ここまで特殊メイクをやってもらえれば、違う自分が見えてきそうだ

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ