このページの本文へ

アメリカ最大のオタクイベント「コミコン2009」レポート 最終回

コミコン2009、大盛況のうちに閉幕!【最終日】

2009年08月06日 22時44分更新

文● ゴリラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アメリカ最大級の祭りも蛍の光状態に

 そしてサイドショウブースから人が去ったところで場内アナウンスがかかる。

 「コミコン2009、終了です。皆様お疲れ様でした!

 その瞬間、広い広い会場のあちこち、数々の出展ブース、最後まで残ったお客さん、売店のスタッフ、セキュリティーのスタッフから大歓声と拍手が起こった。まるで、お盆と年末のビッグサイトのようだ。

 皆お隣さん同士ハイタッチしたり、抱きしめ合う人など、とにかくこの4日間のコミコンを戦い抜いた(?)同志のように労い称え合った。会場内に心地よい安堵感と疲労感と充実感が広がっていた。

スタッフに誘導され、会場の外に向かう。しかし、次々に欲しいモノが目に飛び込んできて、いつまでも会場から出られません……

コミコンでの戦利品を自慢しあう少年達。お疲れ様!

 こうして、世界でも最大級と言われる第40回コミックコンベンション「COMIC-CON 2009」が幕を閉じた。美しい街サンディエゴも、熱気溢れるエキサイティングな街から、元の静かな街へと戻っていく。

 今回、初めてコミコンに前日から参加してみて思ったのが、コミック、映画、おもちゃ、ゲーム、アニメ、MANGAなど、あらゆるエンターテイメントがボーダーレスで楽しめるということ。そして、各ジャンルが隣接し、刺激し合っていて、常に瞬間瞬間で新しい何かが生み出されて、次へと繋がっていくのを体感できたのは刺激的だった。

 小規模から超大規模まで連日スパークしまくっているコミコン。どのジャンルの1つでも好き、または何か面白いことを探しているならば、1度コミコンに参加してみることを強くオススメします! きっとお目当てのアイテムはもちろん、新たな楽しみが見つかるでしょう!

 では、また来年!

2010年のコミコンでお会いましょう!

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ