このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新防水デジカメ対決! μTOUGH-6010 vs OptioW80

2009年08月04日 20時33分更新

文● 小林伸、撮影協力●クラーク記念高校秋葉原ITキャンパス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

海岸の波打ち際程度の水の濡れ方ではびくともしない「μTOUGH-6010」(下)と「OptioW80」(上)

 この夏は例年に無く長梅雨の地域が多い。そんなときにでも安心して外に持ち出せるのが防水デジタルカメラだ。

 今年の不安定な天気を見越していたわけではないだろうが、ちょうどいいタイミングで出てきたのがオリンパス「μTOUGH-6010」(以下μ-6010、実売3万5000円前後)とペンタックス「OptioW80」(以下W80、実売4万円前後)だ。

両機を並べてみる

両機を並べてみると単体から受ける印象とは違い、W80(右)のほうが若干コンパクト。ボディ四隅に樹脂製ガードを付けるなどハードさを前面に押し出すW80に対し、μTOUGH-6010(左)は名前に「タフ」と入る割にはスタイリッシュなデザイン。どちらも屈曲光学系のズームレンズを搭載しているので、レンズがボディ前面より前に突き出ることがない

 この2機種のカタログスペックを見比べてみると、実はかなり共通項が多い。どちらも撮像素子は有効約1200万画素(W80は約1210万画素)で、レンズは屈曲系光学ズームレンズを搭載し、ボディ前面からレンズが飛び出すことはない。

 ズームの焦点距離はμ-6010が28mm~102mm(35mmフィルム換算)光学3.6倍ズームなのに対し、W80は約28~140mm(35ミリフィルム換算)光学5倍ズームと少し望遠側に強い。撮影感度はμ-6010がISO 64~1600に対し、W80はISO 64~6400と、W80のほうが2段分高感度対応だ(ISO 3200以上の設定時の解像度は5Mに固定される)。

背面

μ-6010(左)とW80(右)の背面。μ-6010の液晶モニターが若干大きいが、あまり大きな差ではない

 背面液晶モニターは、μ-6010が2.7型23万ドットに対し、W80は2.5型で約23万ドットだが、そのサイズの差は僅差で見易さはどちらも甲乙つけがたい。

電池はμTOUGH-6010のほうが若干容量が大きい

電池はμTOUGH-6010(左)のほうが若干容量が大きい。撮影可能枚数(スペック値)は、μTOUGH-6010が250枚に対して、W80は170枚となっている

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン