このページの本文へ

アメリカ最大のオタクイベント「コミコン2009」レポート第3回

みんなラスボス! 超大物が続々登場のコミコン!【2日目】

2009年08月02日 20時00分更新

文● ゴリラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

あの、ネルシャツにヒゲの男が……

 そろそろ本日の目玉イベント第2弾「キャメロン&ジャクソン」の時間が迫って来たので、再びHホールへ向かう。一番最後のプログラムとあって、ケタ外れな行列は無いものの長蛇の列が。しかし、ついになんとかHホールへ突入! すでにスター・ウォーズのTVアニメ2ndシーズンについてのパネルが展開中だった。

 アートディレクターが登場し、セカンドシーズンに出てくるキャラ設定について説明。その後はネットで集めた、ファンからのアートディレクターへの質問ビデオレターが公開される。何名か続いたところで同じスタッフと思われる男性が、御大ジョージ・ルーカスのコスプレ&モノマネをしながら登場。場内は大爆笑。

 するとカメラがズームアウトしていき、何やらいびき声が聞こえてくる。どうやらニセジョージの後ろに、ネルシャツを来た男がいびきをかいて寝ているようだ。が、このネルシャツ……やけに見覚えのあるネルシャツ……。すると男が目を覚まして起き上がった!

ま、まさか!?メガネ、メガネ……
出た! ハリウッドの重鎮ジョージ・ルーカスご本人が登場! これには会場内が大爆笑&大盛り上がり!

 ジョージ自らが会場のみなさんにご挨拶。そして、私の語学力がアレなのでハッキリとはわかりませんが、ステージにいるアートディレクターに対して「どおしてキミのお給料はそんなに高いの?」とジョージ自らが質問。さすがにこれは事前に聞かされていなかったようでディレクターかなりタジタジ。近年、色々とファンをズッコケさせるジョージですが、この辺のフットワークの軽さというか、遊び心は相変わらずさすがです。

 ここでスペシャルゲストとして、TV版で声を当てている役者さんたちがステージに登場。

 なんと劇場版でもC3-POを演じているアンソニー・ダニエルズご本人も登場! 全員そろって台本の生読み合わせを披露。後半、みんながカミまくりのグダグダになってしまったのも、生ならではのご愛嬌。

 そうしてスター・ウォーズのパネルは終了し、いよいよ本日のメインイベントがスタート。というか、ジョージ・ルーカスでまだメインじゃないのか……。

本日のメインイベント、C&Jコンビが登場!

みなさんお待たせしました。キャメロン&ジャクソンのご登場です

 とにかく、2人が登場した時の拍手喝采のデカさ、そして歓声のデカさが、この2人が今までどれだけ沢山の観客を楽しませ、また、これからどれだけ楽しみにしてるのかが十二分にわかる瞬間でした。

 特に印象的だったのは、沢山の一般質問者の中で、10歳の少年が

「僕は映画監督を目指しているのですが、2人はどうやってあんなに凄い映像を生み出すのですか?」

 と、緊張でカミカミになりながら質問したのだが、この少年に巨匠2人が、物凄く真剣かつ厳しい眼差しで自らの経験を語り伝えていたことだった。何度も言っていたのは「自分の思い描くビジョンをひたすら信じる事。何より自分自身を信じることだ」ということ。シンプルだけど、人生の中で一番難しい事だったりするメッセージ。いつの日か、この少年がコミコンで監督としてトークショーをし、そこで監督を志す少年の質問に答える瞬間が訪れたら、ベタだけど素晴らしい。

ひとつひとつの質問に対し、真摯に答えていく両巨匠。2日目なのにこんなに豪華なメンツを出しちゃって大丈夫なの? ってくらい、無敵の布陣でした

 そんな素晴らしい映画人2人のトークショーで、2日目のコミコンは終了した。もうおなか一杯!

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ