このページの本文へ

1000万画素カメラ機能搭載の夏モデル最上位機種

コンデジを置き換えられるケータイ? 「933SH」の実力

2009年07月20日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

植物

933SH

933SH

R7

R7

 画像として美しいのはR7の方だが、実際に目で見たときの色彩に近いのは933SHの方。933SHはシャープネスがやや弱い気もするが、奥の植物の適度なボケ具合が奥行き感のある画像になる。

建物

933SH

933SH

R7

R7

 画角や見た目はほとんど同じ。933SHは少ない光を取り込もうとするため、明るいところ(奥の建物の屋根)は白飛び寸前だが、そのぶん樹木の葉はしっかりと撮れている。933SHの方が明暗の境目部分がにじまず、きれいに写る。

夕暮れ

933SH

933SH

R7

R7

 夕空の微妙な青色やネオンサインなど、夕暮れの街並みを再現するのは933SHの方がうまい。全体のトーンは暗めだが、看板の文字などもしっかり写せている。

花や食べ物

ここはいずれも933SHの作例

 933SHをシーン自動認識モードにしておけば、最適な撮影モードで撮影できる。マクロ切り替えすら不要で、花は生き生きと、食べ物はおいしそうに撮れるのが便利。

50枚程度が撮影枚数の目安

 普段からデジカメ的に活用するなら、気になるのは何枚撮影できるか。上記作例づくりの際、“電波offモード”にして最高画質で75枚撮影したところ、バッテリー容量は最終的に15%ほど残っていた。もちろんメールや通話をすればバッテリーはさらに減るので使い方にもよるが、現実的な運用としてはフル充電で50枚前後をひとつの目安にするといいだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン