このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

1000万画素カメラ機能搭載の夏モデル最上位機種

コンデジを置き換えられるケータイ? 「933SH」の実力

2009年07月20日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

もうコンデジはいらない!?

 液晶が暗く、屋外で若干見えにくかった点をのぞけば、カメラ機能は誰にでも簡単に使いこなせるものになっている。カメラの起動は2~3秒と速い。シャッターを押してから画像が記録されるまでの時間差も最大サイズの場合で2~3秒ほど。画像を保存しながら撮影できる“バックグラウンド保存”に対応し、次々と撮れるので実用的だ。

 今回はシーン自動認識モードで撮影したが、撮影モードを手動で選択することも可能。“バースデー”や“打ち上げ花火”といった全36種類がプリセットされている。ホワイトバランスや明るさの調整など、これまではある程度のカメラ知識がないとうまく撮れなかった被写体を、簡単に撮れるようになった点もポイントが高い。

パネルでシーン選択

タッチパネルでシーンを選択する。全36種類がプリセットされている。また、シャッターそのものもパネルで操作できる

 何よりケータイでここまで高画質な画像を撮影できるのだから、もうスナップ写真だけのためにコンデジを持ち歩く必要は感じられない。最大5人までの顔検出ができるほか、“笑顔シャッター”や“振り向きシャッター”といった、子どもを撮るのに適した機能も備えている。身近な人をキレイに撮りたいなら、つねに持ち歩き、サッと取り出せる933SHは、理想的な“普段撮りケータイ”と言えるだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン