このページの本文へ

大きな画面ででっかく楽しむ!魅惑のデカノート特集 第4回

どれを選ぶ? 安くとも個性が光る低価格デカノート

2009年07月24日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

きらめきデザインが魅力 BDも標準搭載
日本HP「HP Pavilion Notebook PC dv7」

HP Pavilion Notebook PC dv7

日本HP「HP Pavilion Notebook PC dv7」

 日本HPの「HP Pavilion Notebook PC dv7」(掲載のモデルは夏モデル、以下dv7)は、同社の個人向けノートパソコンのフラッグシップモデルだ。CTO製品なので、同一製品でもカスタマイズによってはスペックと価格には差が出る。ここでは低価格な「ステップアップキャンペーンモデル」(以下キャンペーンモデル)を取り上げる。

 dv7はディスプレーに17.3型ワイド液晶を採用する。解像度は1600×900ドットでフルHD表示ではないものの、アスペクト比は16:9なので、ハイビジョンコンテンツは上下に黒帯なしで鑑賞できる。BDコンボドライブ(BDは読み込みのみ)を搭載しているので、BDコンテンツの鑑賞も可能だ。

BDコンボドライブを標準搭載

今回紹介する低価格ノートでは唯一、BDコンボドライブを標準搭載する

 CPUにはCore 2 Duo P8700(2.53GHz)を、グラフィックス機能には独立GPUのMobility Radeon HD 4650を採用している。ゲーミングノートほどではないが、ゲーム用途にも使える性能を持つ。さらに、キャンペーンモデルはメモリーを、2GBから4GBに無償でアップグレードできる。HDDは320GBとやや少なめだが、テレビ録画などをしないのであれば十分な容量だ。ちなみにキャンペーンモデルの価格は11万9700円から。

本体前面

本体前面。本体正面にはマイクやヘッドフォン端子のみ配置される

本体左側面

本体左側面。アナログRGB出力、拡張コネクター、LAN、HDMI出力、eSATA/USB、USB、IEEE 1394などの端子類、ExpressCardスロット、5in1メディアカードスロットなどが配置

本体右側面

本体右側面。BDコンボドライブやUSB×2などが配置


ツヤのある繊細なデザイン

 dv7の大きな特長は、まずその外観にある。天板に限らず本体全体がツヤのある塗装が施されている。手触りも、本体底面部以外は全体的につるつるだ。

dv7の天板

ツヤのある本体塗装面にキラキラしたデザインパターンが埋め込まれるようにプリントされている

 さらに、液晶ディスプレー天板部分とパームレスト部分には、金属メッキのようなキラキラしたデザインパターンが本体に埋め込まれ、まるで漆器の蒔絵のようにも見える。このデザインパターンは、HPによれば「光と化したエネルギーが無数に瞬いている様子」がモチーフの「ZEN-design “kirameki”」(煌)だそうだ。

 実際に製品を見てみると、この意匠は光沢のある本体に波紋のようなメッキ調のデザインパターンがマッチしていて、ある種の高級感が漂っている。低価格ノートながら、所有する喜びというものを満たしてくれるデザインと言える。


サブウーファー内蔵で
臨場感のある音声を再現

 ツヤといえば、タッチパッドも鏡面仕上げのようになっている。一般的なタッチパッドに比べると、かなりつるつるな指触りではあるが、逆に滑りすぎない摩擦具合でマウスポインタの操作がビシッと決まる。

 キーボードはテンキー付きで、キーピッチは19mm、キーストロークは2.5mm。ストレスなく打鍵できる。キーボード上部にはDVDの再生やボリュームの調整ができる「HPタッチセンサー」が配置されている。静電式センサーなので、軽く触れるだけで各操作が可能だ。

dv7のキーボード

dv7のキーボード。テンキー付きのキーボードはフルサイズで打ちやすい

 タッチセンサーとキーボードの間には、米ALTEC LANSINGブランドのステレオスピーカーが内蔵され、さらに本体底面には、サブウーファーが内蔵されている。スピーカーは音響改善技術である「SRS WOW HD」に対応し、内蔵スピーカーながら、サブウーファーの重低音と相まって立体的な音声が出力できる。

本体底面右側にはウーファーを内蔵

本体底面右側にはウーファーを内蔵


必要十分な各種機能を装備

 そのほかに、液晶ディスプレー上面にはウェブカメラを搭載。また、パームレスト右下部分には指紋認証センサーを搭載して、セキュリティー機能を強化している。ノートパソコンの標準装備ともいえるメモリーカードリーダーは、SDメモリーカードやメモリースティック、xD-ピクチャーカードなどに対応する「5in1メディアカードスロット」が搭載されている。もちろん無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n対応)も内蔵。低価格ながら必要十分な装備が揃い、スペックも充実しているのが魅力だ。

本体左側にある5in1メディアカードスロット

本体左側にある5in1メディアカードスロット。その下はExpressCard/54スロット

HP Pavilion Notebook PC dv7 の主な仕様
CPU Core 2 Duo P8700(2.53GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス Mobility Radeon HD 4650(メモリー1GB)
ディスプレー 17.3型ワイド 1600×900ドット
HDD 320GB
光学ドライブ BDコンボドライブ
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n(Draft 2.0)
カードスロット ExpressCard/54、5in1メディアカードスロット(SDメモリーカード、メモリースティック/PRO、xD-ピクチャーカードなどに対応)
インターフェース USB 2.0×4(うち1はeSATA共用)、IEEE1394、HDMI出力、アナログRGB出力、10/100/1000BASE-T LANなど
サイズ 幅414.0×奥行き278.0×高さ33.0~46.0mm
質量 約3.54kg
バッテリー駆動時間 約3.5時間
OS Windows Vista Home Premium SP1 32bit版
価格 11万9700円から(HP Directplus)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン