このページの本文へ

都庁前iPhoneクラブ第13回

厳選iPhoneアプリ 覆面がハマったアクション10選

2009年07月13日 12時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

主人公がモヒカン!? 前代未聞の異端アクション

カリー:そういや前回宿題を出したマッチョはどんなゲームをやってるの? っていうかゲームしないか(笑)。

マッチョ

臨時で天狗の面をかぶってるマッチョ

マッチョ:いやいや、この日のために俺も探してきましたよ。みんな、はっきり言ってそんな有名ゲームを紹介したところで、何の意味もないですよ。

カリー:おお、覆面忘れたくせに、大きく出たね。

マッチョ:うるさい(笑)。もっとマニアックなものを読者は求めているはず! そこで俺が探してきた傑作ゲームは「PUNK JUSTICE」というですね……(iTunes Storeで見る)。

ニッシー:まず名前が面白い(笑)。

PUNK JUSTICE

PUNK JUSTICE。価格は115円。心優しきモヒカン青年(?)が主人公

マッチョ:名前からして、キちゃってるでしょ。すぐ分かるけど、まず絵がパンクなわけ。主人公がモヒカンだし。

ニッシー:主人公なのに、どちらかといえば見た目が敵キャラだよね。

マッチョ:どう考えても「北○の拳」のザコキャラなんですよ。モヒカン=パンクという短絡的なタイトルの付け方も、物憂げなパンクが主人公なところも最高なんだよね。

 一応格闘ゲームなんだけど、敵グラフィックが4、5人ぶんしかなくて、使い回されている。操作も基本は4つしかない。左右に避けるか、左パンチか右パンチ。

「Campaign」モードでは、対戦相手のギャングを選んで勝ち進んでいく。画面の左右にある黄色いボタンでパンチ、青いボタンが避けるという操作だ。上の赤い体力ゲージがなくなったら勝敗が決まる

カリー:これ、主人公は動けないの?

ニッシー:昔あった「マイク・タイソン パンチアウト」みたいな感じだ。

マッチョ:そうそう、まさにパンチアウトなんですよ。基本は難しいこと考えずにボタン連打で相手をボコれば終わりです。ある程度パンチを打つと黄色いスタミナゲージがなくなるので、しばらくたまるまで避けているしかないとか、左・左・右でアッパーが出せるといった要素もあるんだけど、まぁだいたい連続パンチですね。

「しゃらくせぇ! やっちめぇ!」でギャングをフルボッコにしちゃうという

ニッシー:勝った! もう勝った!

カリー:「ラウンド2」とかなくて終わりなんだ(笑)。

マッチョ:あとずっと体を片方にかわしておけば、敵キャラはその方向にしか打ってこない。逆の逆とか読んでこないので、必ずかわせる。

ニッシー:いきなり必勝法を教えちゃった(笑)。こいつら、ここから動いちゃいけないって何の縛りがあるんですか?

マッチョ:フットワークは絶対に使わない。そこがパンクなんですよ。たまに対戦開始直後、避けることしかできない「Dodge」スタイルで戦わなきゃいけないこともあります。さっきまで超楽勝だったのにこのモードになると難易度がとたんに上がる。一定時間が過ぎればこちらから反撃できますけどね。

ニッシー:なんか見た目もマインドもパンクですね。

マッチョ:あと主人公だけじゃなくて、敵キャラのグラフィックもスゴい。俺がコケたのはこのキャラね。これを見て即買いですよ。

ギャング

かなり防御力が低そうな服装の女ギャング。しかし、ギャングなのになんでみんな素手で戦うんだ!?

カリー:何(笑)。洋アニメの「The World of Golden Eggs」に出てきそうな感じだね。

ニッシー:色が人間じゃないんですけど。

カリー:街で出会ったら困るよね。夜の公園でとかさ。俺殴れないよー。

ニッシー:公園にこういうのが居て、嫌がらせをするから、パンクがジャスティスしなきゃいけないわけです。

カリー:俺ならiPhoneでそのまま警察に通報するよ。でも俺、マッチョを見直したよ。こんなキラーコンテンツを見つけてくるとは!「マップ」しか使ってなかったり、覆面忘れたりするだけじゃなかったんだね。

マッチョ:最高でしょ。これ。

ニッシー:ゆるふわっぷり(!?)が凄いですね。

マッチョ:世界設定がまたいい。主人公がパンクのくせに平和に暮らしたいと思ってたらしいんですよ。モヒカン=パンクで、平和に暮らしたい=ジャスティスなのかな?

ニッシー:いやいや、ジャスティスって「正義」で「平和」じゃないから。

マッチョ:こいつは、パンクなくせにそういう優しい広い心を持ってるんですよ。近くの公園にギャングがたむろしてて、家族がそこを歩けないと。

ニッシー:それを俺が退治してやるって感じだ。

PUNK JUSTICE

キャンペーンのステージ1をクリアーしたところ。パンクの戦いに終わりはない……のか!?

カリー:でも鉄拳制裁しちゃったら、ギャングと変わらないんじゃないのかな?

マッチョ:iPhoneらしいセンサーとかを使わずに、アップルの「シャレオツ」(おしゃれ)な世界観を完全にぶちこわしたと。これは俺の見つけた最高のゲームでしたね。

(C) 2009 Barry Ward

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中