このページの本文へ

CORSAIR「CMPSU-850HXJP」

CORSAIRから「80PLUS GOLD」対応電源が来月デビュー

2009年06月26日 22時45分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CORSAIRから「80PLUS GOLD」をうたう電源ユニット「CMPSU-850HXJP」が来月登場予定となっており、ツクモケース王国ではサンプル展示を行なっている。

「CMPSU-850HXJP」 展示
「80PLUS GOLD」 「80PLUS GOLD」をうたうCORSAIR製電源ユニット「CMPSU-850HXJP」が来月登場予定となっており、ツクモケース王国ではサンプル展示を行なっている

 本製品は「80PLUS GOLD」認証を取得したATX電源ユニットで、アキバの展示は今回が初となる。「80PLUS GOLD」は、電源の負荷率が20%時87%以上の効率、50%時90%以上の効率、100%時87%以上の効率を持つ電源のみ取得できるハイエンド電源ユニット。

内部 側面内部
80PLUS 「80PLUS GOLD」は、電源の負荷率が20%時87%以上の効率、50%時90%以上の効率、100%時87%以上の効率を持つ電源のみ取得できるハイエンド電源ユニットだ

 今回の「CMPSU-850HXJP」もクラス最高の高効率となるのはもちろん、70Aという強力な1系統+12V出力、クラス最高の効率性能を実現するDC-DCコンバータ、固体コンデンサの採用、140mmファン、着脱式ケーブル、7年間保証、50℃環境下で定格出力、そして各種保護回路を採用などのハイスペック仕様となっている。
 主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(24ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×2(モジュラー)、HDD×12(モジュラー)、Serial ATA×12(モジュラー)、PCI Express(6+2ピン)×2+4(モジュラー)※利用するモジュラーケーブルにより異なる。電源はATX12V Ver.2.3/EPS12V 2.91規格に準拠。本体サイズは150(W)×180(D)×86(H)mmとなる。予価は2万8800円となっている。

「AS Enclosure 440VT」 内部
主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(24ピン)×1、ATX12V(4+4ピン)×1、FDD用×2(モジュラー)、HDD×12(モジュラー)、Serial ATA×12(モジュラー)、PCI Express(6+2ピン)×2+4(モジュラー)※利用するモジュラーケーブルにより異なる

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中