このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

美しいボディーに充実した装備を満載

テレビ×BDレコ×PCのオールインワンマシン「FMV-DESKPOWER F/D90N」 (1/3)

2009年06月26日 16時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

どんな部屋にもマッチするシンプルなデザインが人気の「FMV-DESKPOWER F/D90N」

 富士通の液晶一体型パソコンである「FMV-DESKPOWER F/D90N」は、リビングの大画面テレビとは別に、書斎や寝室など1人で地デジやBlu-ray Discを楽しみたいという用途にドンピシャなマシンである。

 シンプルかつ上品なデザインの本体には、地デジテレビとBD/HDDレコーダーの機能を搭載。パソコンとしてのスペックでも、デュアルコアCPUである「インテル® CoreTM 2 Duo プロセッサー P8700」(2.53GHz)を採用し、オールインワンとはいえマシンパフォーマンスは十分だ。


デュアルコアCPU搭載でストレスフリーな作業環境を実現

シンプルかつ上品なデザインは、リビングやダイニングのテーブルの上に置いても違和感はないだろう

シンプルかつ上品なデザインは、リビングやダイニングのテーブルの上に置いても違和感はないだろう

 「インテル® CoreTM 2 Duo プロセッサー P8700」はコアを2つ搭載しているため、映像をBDに保存しながらインターネット上のウェブサイトを閲覧するなど、複数の処理を平行で行なう場合でも、それぞれの作業を快適に実行できる。

 特にBDの映像の再生にはマシンパワーが必要で、高性能なCPUが不可欠だ。インテル® CoreTM 2 Duo プロセッサー P8700ならばBDの再生も十分にこなせる。

 また低消費電力であることもこのCPUの特徴。環境に優しいことも嬉しいポイントだ。

 メモリーは最小構成で2GBだが、富士通の直販サイト「WEB MART」では4GBも選択できる。2GBでも一般的な用途であればまず困ることはないが、高解像度の画像を何枚も同時に開いて編集したいなど、メモリーを大量に消費する用途で使うのであれば4GBを選んでおくと安心できるだろう。

 HDDは約500GB(最小構成時)で、同じくカスタマイズで約750GBと約1TBを選択可能だ。後述するようにFMV-DESKPOWER F/D90Nは地上波デジタル放送を受信し、番組を録画する機能を搭載している(ちなみに地デジの録画には1時間当たり約7.65GBの容量が必要)。これをフル活用するのであれば、できるだけ大容量のHDDを選択しておきたいところだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通