このページの本文へ

CMOS搭載&新画質エンジンの実力は?

生まれ変わったリコー「CX1」の画質をチェック!

2009年05月07日 16時00分更新

文● 小林 伸、撮影協力:クラーク記念高校秋葉原ITキャンパス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

液晶モニターの精細さが2倍にアップ

本体背面。3.0型液晶モニターは92万ドットへ高精細化された

本体背面。3.0型液晶モニターは92万ドットへ高精細化された

 背面液晶モニターは3.0型とR10とサイズは同じながら、46万ドットから92万ドットへと高精細化。従来よりピントの確認などがしやすくなっている。

 ボディの大きさは幅101.5×奥行き27.9×高さ58.3mmと、R10とほぼ同じだが若干厚みが増し、重量は約180gと10g程度微増した。 しかし重量が10g程度微増したところで普段持ち歩くのに文句はない。

本体上部右側の操作部。操作ダイヤルや電源ボタン、ズームレーバーなどを搭載

本体上部右側の操作部。操作ダイヤルや電源ボタン、ズームレーバーなどを搭載

 デザイン的にも従来機のR10をほぼ踏襲している。細かな部分、例えば背面の操作系のレイアウトなどに少々変更が見られる程度。

 CX1には、「ADJ/OK」ボタンの左にゴムが貼られていて、何もなくツルンとしていたR10よりも片手で持ち歩いていて不安を感じないし、構えたときも指がかかりやすくて持ちやすく感じた。

バッテリーとSDメモリーカードスロットは本体底面に装備

バッテリーとSDメモリーカードスロットは本体底面に装備


微妙なピント合わせもカンタン「マルチターゲットAF」

AFのモード設定画面

AFのモード設定画面

 AFはマクロをONにしておけば最短から無限遠までピントあわせが可能。しかし、スピードを求めるなら、やはり切り替えて使ったほうがいいだろう。通常時のAFスピードも従来機からの進化を感じることができ、低輝度時の精度も上がっていると感じた。

 AFには「マルチターゲットAF」という機能もある。マクロ撮影時など微妙なピント精度が求められるときに、カメラが自動的に7点の合焦距離を決定して、それぞれのピントのポイントに移動しながら7枚連写する。

マクロ撮影のサンプル

マクロ撮影のサンプル

 撮影後、自分のイメージに合うピント位置の画像を選択することができる。一点にピントが欲しいマクロ撮影には持ってこいだろう。

 なお、この機能を使用できるのはオートモード時のみで、さらに手ブレ補正は効かなくなる。三脚などを用いたほうがいいだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン