このページの本文へ

エクスプレス予約ICサービスを詳しく検証

新幹線もケータイだけでタッチ&ゴー

2009年04月13日 16時45分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2. シートマップを見ながら自由に座席を指定できる

 窓側・通路側、喫煙・禁煙といった大まかな指定だけでなく、車両号数や座席番号までシートマップを見ながら自由に選択できる。全車禁煙のN700系であれば喫煙ルームに近い席、冬場であれば自動扉から離れた車両の中間部、といったこだわりのチョイスが可能である。

特に座席にこだわりがないなら、窓側または通路側などの単純な指定でOK。さらに号数、座席番号まで直接シートマップを見ながら選ぶこともできる。空いてそうな感じなら隣に人が来る可能性が低いA席が個人的には好み

3. 割引価格が適用される

 東京-新大阪間(片道)を普通車指定席で利用する場合、通常は1万4050円(通常期)なのに対し、EX-IC利用時は1万3000円。実際には後述する年会費で1050円がかかるほか、回数券の存在などもあるので単純に安いとは言い切れないのだが、普通に切符を購入して年何回も乗車するよりは確実にお得である。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン