このページの本文へ

エクスプレス予約の対応カードが10月9日から大幅増加

2012年09月27日 23時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東海道・山陽新幹線の予約が、PC・スマートフォン・携帯電話からでき、しかも予約が(列車出発前であれば)無料で自由に変更可能であるなど、利便性が非常に高い「エクスプレス予約」。

スマホで予約して、シートも選べて、予約変更自由で、改札まで通れて、料金も安い「エクスプレス予約」

 エクスプレス予約の便利さが一般にはあまり知られていない理由として、JR側が新幹線を日常的に利用するビジネスパーソンをメインターゲットにしているうえ、利用には特定のクレジットカードが必要だった点にある。

 具体的には「JR東海エクスプレス・カード」「JR西日本J-WESTカード」、もしくはJR東日本発行の「ビューカード」(ビュー提携カードは不可)のいずれかを所持していなければならない。

 ところが10月9日から、新たに始まる「プラスEX」サービスでは、対応カードがJCB/三井住友VISA/三菱UFJニコス/トヨタファイナンスと一気に増加する。

新幹線のヘビーユーザーなら非常に便利なエクスプレス予約の新サービスが、対象カードが拡大して「プラスEX」として新登場

 年会費として525円が必要であるものの、東京-新大阪間では普通に購入するのに比較して、500円安くなるほか(従来のエクスプレス予約とは料金が異なる)、なにより魅力的なのは前述した予約変更が自由である点。また、エクスプレス予約と同様に、おサイフケータイ対応のスマホ・携帯を持っていれば、端末をタッチするだけで改札を通過できる。なお、エクスプレス予約と異なり、利用できる範囲は東海道新幹線の東京-新大阪間に限定される。

 エクスプレス予約/プラスEXはヘビーユーザーほど便利なので、新幹線を年数回以上利用するのであれば一度チェックしたいところ。実際に自分が所持するカードが利用できるかどうかは、専用サイトからチェックが可能だ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン