このページの本文へ

エクスプレス予約ICサービスを詳しく検証

新幹線もケータイだけでタッチ&ゴー

2009年04月13日 16時45分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

実際に使うには専用のクレジットカードが必要
モバイルSuicaユーザーならビューカードがお得

 さてこれほど便利なEX-ICがあまり知られていないのはなぜか? 一番の壁は専用のクレジットカードを必要としている点だろう(JR東海「エクスプレスカード」またはJR西日本「J-WESTカード(エクスプレス)」。カード年会費1050円)。新幹線を便利に利用するためにカードを1枚作るのはどうかな、という考えの人も多いかもしれない。

 しかし、これもJR東日本発行のビューカードへの対応を開始することで選択の幅が広がった。ビューカードはEX-ICだけでなく、モバイルSuicaの活用にも有利である。VISAやMasterなど一般のカードブランドでモバイルSuicaに登録したときにかかる年会費(年1050円)が現在不要なほか、チャージ時に付与されるポイントも大きい。

 ビューカードには色々な種類があるが、まだ持っていないのであれば「ビックカメラSuicaカード」が注目だろう。ビックカメラのポイントカードとして使える上、年に1度でもカード利用があれば年会費は無料(ビューカードの多くは年500円)。さらにビックカメラのポイントをSuicaのチャージに交換することもできる。

エクスプレスカード

モバイルSuica+EX-ICを組み合わせて用いるには、写真のエクスプレスカードかビューカードのどちらかが必要。今回はケータイ中心ということであえて紹介しなかったが、エクスプレスカードとJ-WESTカードユーザーには専用のICカードが配布され、EX-ICの機能をモバイルSuica無しで利用できる

ビューカード

ビューカードはJR東日本発行のクレジットカードでさまざまな種類が存在する。ただし「イオンSuicaカード」など、他社発行のクレジットカードで「VIEW」ブランドが付与されたもの(「ii」マークが付いている)は、EX-ICには使えないので注意が必要だ

モバイルSuica

ビューカードでEX-ICを利用する場合は、モバイルSuicaの決済にビューカードを利用する必要がある。EX-ICはエクスプレスカード、モバイルSuicaは一般カードという組み合わせは可能だが、その場合は双方に年会費がかかる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン