このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

フィルム対応で2万円以下のスキャナー「GT-F720」

2009年03月24日 17時00分更新

文● 柴田文彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GT-F720 【SPEC】
開発元●セイコーエプソン 販売元●エプソン販売 価格●オープンプライス(実売価格:1万8000円前後)
http://www.epson.jp/

光学解像度●4800dpi インターフェース●USB 2.0対応システム●Mac OS X 10.3.9以上(Leopard対応) サイズ●幅280×奥行き430×高さ67mm 重量●約2.8kg

【COMMENT】フィルムスキャン機能を搭載しているのに、2万円を切る価格を実現。スキャンの品質も十分に満足のいくものだ。


小型・軽量・薄型なのにフィルムスキャンだってできる

 「GT-F720」は、写真/書類に加えてフィルムのスキャンにも対応したA4サイズ対応のフラットベッドスキャナーだ(Amazon.co.jp)。光学解像度4800dpiのCCDセンサーを搭載するためピントが合う範囲が広く、本の綴じ目に近い個所も正確にスキャンできる。

 インターフェースは4種類のボタンのみのシンプルな構成。光源に白色LEDを採用することで、1秒未満という高速なウォームアップを実現する。

ボタン類

スキャンと電源ボタンを兼ねた「スキャンナビ」、スキャンデータをメールに添付して送信する「メールナビ」ボタン、印刷する「コピーナビ」、PDF形式で保存する「PDFナビ」──の4種類の操作ボタンを用意している

 35mmストリップ(最大6コマ)とマウント(4コマ)の読み込みに対応するフィルムスキャンは、付属のアダプターに取り付けてから本体にセットするだけ。実際にネガフィルムをスキャンしたところ、紙焼き写真のスキャンよりも特に色再現性が高い。もちろん雑誌や新聞などの印刷物のスキャン性能も優秀で、網点まで明瞭に読み取れた。

ネガフィルムスキャン

ネガフィルムスキャン

35mmのネガフィルムを、解像度300dpi/100%でスキャン。シャープネスがやや甘く感じられるものの、どの色域でも発色は申し分ない

印刷物のスキャン

印刷物のスキャン

原稿の種類を自動認識して、最適な設定に調整する「全自動」モードで雑誌を読み取った。色合いやカラーバランスも自然で、網点もはっきり再現された

 ドライバーソフト「EPSON Scan」は、ユーザーのスキルに合わせて3種類の動作モードを用意。「全自動モード」の「オプション」設定にある「退色復元」を有効にすれば、色あせた写真を鮮やかなカラー写真に補正してくれる。

 画像データ内の文字を認識し、テキスト形式として保存できるOCRソフト「読んde!!ココ パーソナル」が付属する点も魅力。認識結果は、ツールバーのボタンから「Word」「Excel」「Adobe Acrobat」にも転送可能だ。

 本製品は写真や書類など一般的な個人用途に利用しつつ、フィルム写真を手軽にデジタル化したい──そんなユーザーにお勧めだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中