このページの本文へ

FILCOマニア向け? ダイヤテックから同社の人気キーボード「Majestouch」と「zero」専用のキーボードクリスタルカバー「FKBR」が発売

2006年08月12日 20時50分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ダイヤテックから同社の人気キーボード「Majestouch」と「zero」専用のキーボードクリスタルカバー「FKBR」が発売となった。カバーを被せておけば、キーボードを使わない間、資料や書籍などを置けるというアイテムだ。

FKBR FKBR
人気キーボード「Majestouch」と「zero」専用のキーボードクリスタルカバー「FKBR」。サイズ450(W)×148(D)×46(H)mmと「Majestouch」と「zero」シリーズが丁度すっぽりと収まる大きさだ

 クリスタルカバーはサイズ450(W)×148(D)×46(H)mmと「Majestouch」と「zero」シリーズがちょうどすっぽりと収まる大きさ。接着剤は使わず、厚さ3mmの透明アクリル板を曲げ加工したというもので「資料や書籍など、ある程度重いものを乗せても壊れる心配はほとんどありません」という。キーボードに直接に乗せるタイプではなく机に直接置くタイプなので、キーボードが傷つく心配はなく狭い机の上でも、キーボードの誤動作を防ぎながらスペースを有効活用できるというのもポイントだ。が、ここまでする必要はあるのか、という疑問もないわけではない。FILCOブランドにこだわりを持つユーザー向けの製品といえそうだ。販売しているのはクレバリー2号店で3753円となっている。

FKBR FKBR
キーボードに直接に乗せるタイプではなく机に直接置くタイプなので、キーボードが傷つく心配はなく狭い机の上でも、キーボードの誤動作を防ぎながらスペースを有効活用できる接着剤は使わず、厚さ3mmの透明アクリル板を曲げ加工したという
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ