このページの本文へ

トラックボールを内蔵した日本語90キーボードが登場!

2006年07月14日 23時19分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミヨシから「2.4GHz帯使用 トラックボール内蔵ワイヤレスキーボード」(型番:24G-TKB/01)という、直球ど真ん中なネーミングの製品が発売された。

「2.4GHz帯使用 トラックボール内蔵ワイヤレスキーボード」 キー
ミヨシの「2.4GHz帯使用 トラックボール内蔵ワイヤレスキーボード」(型番:24G-TKB/01)ノートPCでおなじみのパンタグラフタイプのキーを採用している

 「2.4GHz帯使用 トラックボール内蔵ワイヤレスキーボード」は、サイズ326(W)×178(D)×27.5(H)mmのパンタグラフ方式を採用した日本語90キーで、レシーバのインターフェイスはUSBとなる。キーボード上部には10種類のホットキーを搭載するほか、右上にトラックボールを内蔵しているのが特徴だ。本製品は、2.4GHz帯を使用したワイヤレスタイプで、Windows XP MCE/XP/2000/ME/98SEに対応。バッテリは単3型乾電池を3本使用し、約3分間操作しないと自動的にスリープモードに切り替わる省電力機能を搭載しており、パッケージによると、アルカリ電池3本使用で最大325時間使用できるとしている。価格はテクノハウス東映で6980円。
 ちなみに、トラックボールを内蔵したキーボードは、以前紹介した「LT-TBALL-PS2-B」「DX87G TB-JBP」「FKB7412」などがある。

トラックボール マウスボタン
本体右上に小型のトラックボールを内蔵している本体左上には2つのマウスボタンを用意。リモコンや家庭用ゲーム機のコントローラのように本機を両手で持ってトラックボール操作を行なえる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ