このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Mac Pro-3.0GHz(2006年8月発表、BTOモデル)

Mac Pro徹底ベンチ第2段 Xeon vs PowerPC G5で真剣勝負だ!

2006年08月25日 15時47分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビデオ性能

3Dグラフィック性能では、ソフトのUniversalアプリケーション対応でスコアに差がついた。Universal化されている『Doom 3』では、Mac Pro-3.0GHzがPower Mac G5-2.5GHzより70%速いという好結果を残している。

さらに同じMac Pro-3.0GHzで、GeForce 7300 GTとQuadro FX 4500というグラフィックカードが異なるケースを比べると、Quadro FX 4500のほうが47%ほど高速だ。

一方、Universalアプリケーション化されていない『Unreal Tournament 2003』のフレームレート計測結果をみてみると、Intel MacとPowerPC Macでその差は歴然としている。Mac Pro-3.0GHzよりPower Mac G5-2.5GHz Quadのほうが175%ほど速い。

【参考】Mac Pro-3.0GHz(HS) Mac Pro-3.0GHz Mac Pro-2.66GHz Power Mac G5-2.5GHz Quad Power Mac G5-2.3GHz Dual
グラフィックカード Quadro FX 4500 GeForce 7300 GT GeForce 6600
VRAM容量 512MB 256MB
2Dスクロール
2Dグラフィックの描画性能がわかる。『Adobe Photoshop CS』で縦1440×横640ドットの画像を開き、上から下までスクロールするのにかかった時間を計測した
CINEBENCH
以下の3つのテストでは3Dグラフィックの描画性能がわかる。『CINEBENCH 9.5』は、3D画像のレンダリングをCPU、またはGPUによって実行し、そのパフォーマンスを数値で算出する。“Rendering”はCPU性能、“OpenGL HW-L”はGPU性能をそれぞれ表わす
Doom 3
Doom 3は、Universalアプリケーション化されたバージョン1.3を利用。画質などのオプションは標準状態のままフレームレートを計測
UT2003
PowerPCバイナリの『Unreal Tournament 2003』を使用。ゲームの表示サイズを1024×768ピクセルに、描写設定を最高に設定したうえで“flyby-citadel”のベンチマークを実行した


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中