このページの本文へ

Mac Pro-2.66GHz(2006年8月発表)

写真でわかるMac Proの増設方法(PCI EXpress編)

2006年08月14日 18時09分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GeForce 7300GT
標準構成モデルのMac Proは、グラッフィックカードとして米エヌビディア社の『GeForce 7300GT』を採用

米インテル社製CPUを搭載したMacの中で唯一、PCI Expressカードスロットを備えている『Mac Pro』。今回はそのカードの増設方法を確認していこう。

Mac Proには、4つのPCI Expressカードスロットが用意されており、下からスロット1、2、3、4と呼ぶ。スロット1はグラフィックカード用で、2スロット分の幅が確保されている。スロット2~4は1スロット幅だ。



スロット
Mac ProのPCI Expressスロットは、下からスロット1、2、3、4と呼ばれる

標準構成モデルのMac Proでは、スロット1に米エヌビディア社の『GeForce 7300GT』を備えているが、BTOでカナダATIテクノロジーズ社の『ATI Radeon X1900 XT』か、エヌビディアの『Quadro FX 4500』を選ぶことも可能だ。スロット1~4を合計して、300Wまでの消費電力をサポートする。

製品名 グラフィックメモリー ポート 占有スロット 消費電力 価格
NVIDIA GeForce 7300 GT 256MB GDDR2 SDRAM デュアルリンクDVI×1、シングルリンクDVI×1 1スロット 32W (標準搭載)
ATI Radeon X1900 XT 512MB GDDR3 SDRAM デュアルリンクDVI×2 2スロット 132W プラス4万4100円
Nvidia Quadro FX 4500 512MB GDDR3 SDRAM デュアルリンクDVI×2、3Dステレオ×1 2スロット 110W プラス20万7900円

4スロットとも、フルサイズ(12インチ)のPCI Expressカードに対応。Mac Proの正面内側にあるファンには、装着したカードを支えるカードガイドが用意されている。余談だが、Mac ProにはBTOオプションとしてAirMac Extremeカードが用意されているが、これを装着するスロットも専用のPCIスロットとなっている。

カードガイド AirMac
フルサイズ(12インチ)のPCI Expressカードを装着する場合、カードの片方の端をカードガイド(囲み)に差し込む専用端子だが、AirMac ExtremeカードもPCI Express端子に差す(写真の“AIRPORT”の部分)

レーン数の設定も変更できる

標準状態における各スロットのレーン数は、スロット1が“x16”、スロット2が“x1”、スロット3と4が“x4”という設定だ。ただし、このレーン数は起動ボリューム直下の“システム”→“ライブラリ”→“CoreServices”フォルダー内にある、“Expansion Slot Utility”というツールを使って変更できる。

Expansion Slot Utility レーン数の変更
“Expansion Slot Utility”は起動ボリューム直下の“システム”→“ライブラリ”→“CoreServices”フォルダー内にある標準状態のレーン数はスロット1~4の順でx16/x1/x4/x4となっているが、例えばx16/x1/x1/x8といった設定に変更できる

注意:作業前には、本体を落下の危険性のない場所に置き、必ず静電気を除去してください。分解作業はユーザー自身の責任のもとに行うことを前提としており、個々の環境に関してASCII24編集部やメーカーでは問い合わせに応じられません。また、分解作業に伴ういかなる損害も、ASCII24編集部/メーカー/ショップは補償できないことをご了承ください。


1.筐体を開く

レバー 側面パネルを開く
本体背面のレバーを引き、筐体の側面パネルを取り外す

2.PCIブラケットを外す

ドライバーで開ける PCIブラケットを外す
5つあるポートカバーは、1つのPCIブラケットで押さえられている。まずはプラスドライバーを使い、PCIブラケットを外す

3.カードを取り付ける

ポートカバーを外す カードを取り付ける
ポートカバーを外し、カードを取り付ける。あとはPCIブラケットを取り付けて、側面パネルを戻せば作業完了だ


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中