このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

“Conroe”ことCore 2シリーズの販売がついに開始!! 第1弾はシリーズ最上位モデルの「Core 2 Extreme X6800」!!

2006年07月27日 12時35分更新

文● 増田

 インテル製の最新CPU“Conroe”ことCore 2シリーズの販売が、本日27日の正午についにスタートした。Core 2 Duoシリーズに先駆けて、まずは最上位モデル「Core 2 Extreme X6800」が一斉に店頭に並んでいる。

「Core 2 Extreme X6800」
パッケージカラーに精悍なイメージのブラックを採用する「Core 2 Extreme X6800」

 「Core 2 Extreme X6800」は“Coreマイクロアーキテクチャー”を採用した初のLGA775対応デスクトップPC向けCPUで、デュアルコア、共有型の内蔵2次キャッシュメモリー、64bit拡張機能や仮想マシン機能対応などを備えるのが特徴。FSBは1066MHzでクロック周波数は2.93GHz、2次キャッシュ4MB、最大動作電圧1.35Vというスペックだ。
 パッケージカラーは精悍なイメージのブラックを採用。S-Specは“SL9S5”と記載されているのが確認できた。販売ショップおよび価格は以下の通り。ついに姿を現した“Conroe”とはいえ価格は約13万円前後と高価だ。秋葉原的にも、また自作ユーザーにとっても本命は近日登場予定の“Core 2 Duo”シリーズといえそうだが、最上位モデルとなる「Core 2 Extreme X6800」も注目の製品であることは確か。“Core 2 Duo”シリーズ登場の前夜祭的な雰囲気の中、まずはその売れ行きに注目といったところだろう。

Core 2 Extreme X6800 Core 2 Extreme X6800
“Coreマイクロアーキテクチャー”を採用した初のLGA775対応デスクトップPC向けCPUで、デュアルコア、共有型の内蔵2次キャッシュメモリー、64bit拡張機能や仮想マシン機能対応などを備えるのが特徴。S-Specは“SL9S5”
Core 2 Extreme X6800 Core 2 Extreme X6800
FSBは1066MHzでクロック周波数は2.93GHz、2次キャッシュ4MB、最大動作電圧1.35Vというスペック
価格 ショップ
インテル
「Core 2 Extreme X6800」
\125,973クレバリー1号店
クレバリーインターネット館
\127,280ドスパラ本店
ドスパラアキバ店
\129,700アーク
フェイス(完売)
\129,800TWOTOP秋葉原本店(完売)
BLESS秋葉原本店(完売)
ZOA秋葉原本店(完売)
TSUKUMO eX.
スリートップ2号店
ツクモパソコン本店(完売)
\130,800高速電脳
\131,040USER'S SIDE
\132,300T-ZONE PC DIY SHOP
27日午後6時時点の価格および販売状況を追加しました。
【関連記事】
       
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ