このページの本文へ

アンモナイト型のLian-Li製アルミATXケース「PC-777」をツクモケース王国で参考展示!

2006年07月15日 22時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アンモナイト型のLian-Li製アルミATXケース「PC-777」がツクモケース王国に展示されている。同製品は“COMPUTEX TAIPEI 2005”で展示されていたものだ。 同店によると「海外ではすでに発売されているようだが、国内での販売は未定」とのこと。

「PC-777」 ケース内部
アンモナイト型のLian-Li製アルミATXケース「PC-777」他のPCケースに比べるとやや高さがある。天面と背面が曲線のため、電源は底部に設置する

 Lian-Liの20周年記念モデルとなる同製品は、アルミケースとしては珍しく曲線で構成されている。サイドパネルのメッシュ部も渦巻き型に成形されており、全体的にかたつむりに似たデザインとなっている。120mm角ファンをフロントに1基、リアに1基搭載しており、電源は本体底部に設置する。拡張ベイ数は5インチ×6、3.5インチシャドウ×6という構成で、5インチベイのうち1つはFDD用3.5インチベイとして利用可能だ。サイズは246(W)×574(D)×645(H)mm。 なお、オプションキットを使用することでBTXにも対応可能だ。ショップによると「現在、販売を行なう予定はないが、もしも販売するとなると4万円を超える価格になるだろう」とのこと。

サイドバネル フロントアクセスポート
サイドパネルのメッシュ部も渦巻き型に成形されているフロント天面には、電源やリセットスイッチのほか、USB×2、IEEE1394×1、音声入出力端子各1を用意
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ