このページの本文へ

バタフライ開閉方式を採用したPCケース「SMILODON」が日本上陸! 計5基ものファンを標準装備!

2006年07月20日 21時44分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 両開き構造のサイドパネルを採用したRAIDMAX製のPCケース「SMILODON」がバリューウェーブから発売された。サイドパネルが床面に90度開く、いわゆるバタフライ開閉方式のため、マザーボードの取り付けやメンテナンスが容易に行なえるのが特徴で、各ドライブもツールフリーで取り付け可能となっている。

「SMILODON」 フロントパネル
両開き構造のサイドパネルを採用したPCケース「SMILODON」。ちなみに、SMILODON(スミロドン)とはおよそ200~1万年前に栄えたサーベルタイガーの一種だフロントパネルを開けた様子。フロントパネルにはブルーLEDが搭載されており、HDDアクセス時に中央部分が赤く点滅する

 ファンは、フロントに120mmLEDファン(回転数1200rpm/風量70CFM/騒音値32dB)×1、リアに80mmLEDファン(回転数2000rpm/風量32.4CFM、騒音値28dB)×1、左サイドに80mmLEDファン(回転数2000rpm、風量32.4CFM、騒音値28dB)×2、右サイドに80mmファン(回転数2200rpm/風量22CFM/騒音値30dB)×1と計5基搭載されている。拡張ベイは、5インチ×5、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×3という構成で、シャーシには0.8mm厚のスチールが使用されている。電源は非搭載で、カラーは写真のブラックのみ。価格はTSUKUMO eX.と高速電脳で1万3800円。

左側面 右側面
左側面には、青色LED内蔵の80mmファンを2基搭載している。拡張ベイは、5インチ×5、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×3という構成だ右側面のサイドパネルには、マザーボードや拡張カードを取り付ける。マザーを水平に設置したまま作業が可能で、ケース内に手を入れる必要もないのでメンテナンスが容易だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ