このページの本文へ

FeliCaポート内蔵モデルが登場し、TV対応モデルも拡充――NEC、2006年夏モデルノート“LaVie”シリーズを発表

2006年04月11日 13時06分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)とNECパーソナルプロダクツ(株)は11日、2006年夏モデルのノートパソコンとして“LaVie(ラヴィ)”3シリーズ11製品を今月中旬もしくは下旬に発売すると発表した。なお、デスクトップパソコン“VALUESTAR(バリュースター)シリーズも同時に発表されている。詳細はこちらのニュース記事を参照いただきたい。

夏モデル全体の強化方針については、VALUESTARシリーズの記事で詳しく紹介しているが、柱は次の3つとなる。

  • TV視聴・録画対応モデルの拡充
  • 電子決済カード“FeliCa(フェリカ)”と連携可能なネットワーク対応メニューバー“ぱそ楽ねっと”の提供/ネット映像配信の強化
  • ユーザビリティーの向上

“AirTV”が標準添付された“LaVie L”(LL790/FD)”
TVチューナーと無線LAN対応ブロードバンドルーター機能を併せ持つ“AirTV”が標準添付された“LaVie L”(LL790/FD)”

TV視聴・録画対応のLaVieとしては、TVチューナーを本体に内蔵したモデルにLaVie T2製品(LL900/FD、LL700/FD)とLaVie L1製品(LL770/FG)があり、さらに無線LAN(IEEE 802.11a)経由でMPEG-2エンコードしたTV放送をリアルタイムにノートパソコンに転送する『AirTV』同梱モデルがLaVie Lに2製品(LL990/FD、LL790/FD)用意されている。いずれもアナログTVチューナーで、地上デジタルなどのデジタル放送に対応したノートパソコンは用意されていない。なお、TVチューナー内蔵モデル3製品は、視聴・録画・録画予約などがWindows XPを起動せずに行なえる“インスタント機能”をサポートする。

FeliCa対応としては、同社で始めてFeliCaポート(非接触ICカードの読み込み機能)を内蔵したモデルがLaVie L(アドバンスト)に5製品(LL700/FDを除く)用意された。FeliCaポート内蔵モデルでは、FeliCa端末をかざすことでID/パスワードの入力を省略できるほか、Edy(エディ)による電子決済、FeliCaがなければアクセスできないファイル/フォルダーの暗号化などの機能を実現する各種アプリケーションがプレインストールされている。



ついにHDD 2台内蔵が過半数!! になったスタンダードノート
LaVie L(アドバンストタイプ)

型名
LL990/FD、LL900/FD、LL790/FD、LL770/FG、LL750/FD、LL700/FD
CPU
Pentium M 740-1.73GHz(上位2製品)、Celeron M 380-1.60GHz(下位4製品)
チップセット
ATI Radeon Xpress 200M+IXP 450
メモリー
1GB(上位2製品)、768MB(中位3製品)、512MB(LL700/FD)/最大2.5GB(PC2-4200対応DDR2 SDRAM)
内蔵液晶ディスプレー
15インチスーパーシャインビューEX2液晶ディスプレー(上位5製品)
15インチスーパーシャインビュー液晶ディスプレー(LL700/FD)
表示解像度
1024×768ドット
グラフィックス
チップセット内蔵
HDD
約160GB(約80GB×2)(上位4製品)、約100GB(LL750/FD)、約80GB(LL700/FD)
光ドライブ
DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
TV機能
地上アナログ(AirTV付属)(LL990/FD、LL790/FD)、地上アナログ放送(LL770/FG)、なし
拡張スロット
ExpressCard/54×1(同/34×1)、TypeII×1 PCカードスロット、トリプルメモリーカードスロット(SDメモリーカード、メモリースティック(PRO対応)、xDピクチャーカード)
通信
IEEE 802.11a/b/g準拠トリプル無線LAN(SuperAG、XR対応)、10/100/1000BASE-T準拠Gigabit Ethernet、V.90対応56kbpsファクスモデム
インターフェース
USB 2.0×5、IEEE 1394×2、パラレル、ビデオ出力(S-Video×1)、ビデオ入力(S-Video×1/コンポジット×1)(LL770/FGのみ)、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)、オーディオ入出力、FeliCaポート(LL700/FDを除く)
バッテリー
約2.4時間(上位2製品)、約0.9~1.1時間(下位4製品)
消費電力
標準:約48W/最大:約75W(上位2製品)、標準:約33~43W/最大:約75W(下位4製品)
本体サイズ
幅333×奥行き277×高さ43.3mm(上位5製品)
幅333×奥行き277×高さ39.8mm(LL700/FD)
重量
約3.6~3.8kg(上位5製品)、約3.5kg(LL700/FD)
OS
Windows XP Home Edition SP2(LL770/FG以外)、Windows XP Media Center Edition(LL770/FG)
予想実売価格
26万円前後、24万円前後、23万5000円前後、22万5000円前後、19万5000円前後、18万円前後
出荷開始時期
今月中旬(LL770/FG、LL700/FD)、今月下旬
TVチューナー内蔵モデル“LaVie L”(LL770/FG)
TVチューナー内蔵モデル“LaVie L”(LL770/FG)。LaVie L(アドバンストタイプ)は全機種にリモコンが付属するようになった

NECのスタンダードノートという位置づけのLaVie Lシリーズには、インテル製CPUを搭載した“アドバンストタイプ”と、AMD製CPUを搭載する“ベーシックタイプ”の2タイプがある。アドバンストタイプは、6製品のうち3製品にTVチューナーが内蔵もしくは付属し、6製品すべてにリモコンが標準添付されるようになった。これはTVを楽しむ場合はもちろん、インターネットから映像をダウンロードして再生する場合も、キーボードやマウスで操作せずにTVのチャンネルを切り替える感覚で楽しめるようにという配慮だとしている。

夏モデルの特徴として、HDD容量が底上げされ、最廉価モデルでも約80GBになったが、上位4製品が約80GB HDDを2台内蔵している点も注目される。従来はノートパソコンにはHDDが1台のみ内蔵という構成が当たり前だったので、HDDの容量が不足した場合には外付けHDDなどを使って一度システムやデータファイルを待避し、HDDを付け替えてOSをインストールしてから環境を再構築する、といった手間が必要だった。このように2台のHDDが標準装備されていれば、1台はシステムやアプリケーションとして、もう1台はインターネットから入手したり自分で作成・編集、あるいはキャプチャーした各種データを保存する、といった具合に使い分けられ、データ側のHDDが不足した場合にはシステムの入れ替えなしにHDDの換装が行なえる点で使い勝手がすこぶるいい(ただしユーザー自身のHDD交換はサポート対象外になるため注意)。

このほか、スペックに現われない変更点として、キーボードの形状を変更し、キートップを外れにくく、タッチのよいものに改良・変更したという。また、動作時の静音性にも配慮して、低い回転数で排熱性能を維持できるという面積の大きなフィンを採用し、動作時の回転数を下げて風切り音を静かにする、といった工夫が施されている。

LaVie L(ベーシックタイプ)

型名
LL570/FD、LL370/FD
CPU
Turion 64 ML-34-1.80GHz、モバイルSempron 3100+-1.80GHz
チップセット
SiS M760GX
メモリー
512MB、256MB/最大2GB(PC2700対応DDR SDRAM)
内蔵液晶ディスプレー
15インチスーパーシャインビュー液晶ディスプレー
表示解像度
1024×768ドット
グラフィックス
チップセット内蔵
HDD
約100GB、約80GB
光ドライブ
DVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
TV機能
なし
拡張スロット
TypeII×1 PCカードスロット
通信
トリプル無線LAN(SuperAG、XR対応)、10/100BASE-TX準拠Ethernet、56kbpsファクスモデム
インターフェース
USB 2.0×3、IEEE 1394×1、アナログRGB、オーディオ入出力
バッテリー
約1.7時間
消費電力
標準:約30~31W/最大:約60W
本体サイズ
幅330×奥行き268×高さ36.5mm
重量
約3.1kg
OS
Windows XP Home Edition SP2
予想実売価格
18万5000円前後、15万円前後
出荷開始時期
今月下旬、今月中旬
“LaVie L”(スタンダードタイプ)
AMD製CPUを搭載した低価格ノート“LaVie L”(スタンダードタイプ)

ベーシックタイプの2製品は、光ドライブを“マルチプレードライブ”(CD-R/RW&DVD-ROM対応コンボドライブ)からDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブに変更(今回発表された夏モデルのノートパソコンはすべてこれを搭載)。HDD容量が上位モデルでは約100GB(従来はいずれも約80GB)に増量されたこともあって、バックアップやオリジナルDVD-Videoの作成など、光ドライブが活躍する機会も増えそうだ。



半年ぶりにモデルチェンジしたAV志向ワイドノートパソコン
LaVie T

型名
LT900/FD、LT700/FD
CPU
Pentium M 740-1.73GHz、Celeron M 380-1.60GHz
チップセット
インテル915GM
メモリー
512MB/最大2GB(PC2-4200対応DDR2 SDRAM)
内蔵液晶ディスプレー
15.4インチワイド高輝度・広色度域・広視野角TFT液晶ディスプレー(SoundVu対応)
表示解像度
1280×800ドット
グラフィックス
チップセット内蔵
HDD
約160GB(約80GB×2)、約100GB
光ドライブ
スロットインDVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
TV機能
地上アナログ放送
拡張スロット
ExpressCard/54(同/34)×1、TypeII×1 PCカードスロット、トリプルメモリーカードスロット
通信
トリプル無線LAN(SuperAG、XR対応)、Ethernet、56kbpsファクスモデム
インターフェース
USB 2.0×4、IEEE 1394×1、ビデオ出力(S-Video×1)、ビデオ入力(S-Video×1/コンポジット×1)、アナログRGB、オーディオ入出力(光デジタル出力含む)
バッテリー
約1.0~1.2時間
消費電力
標準:約40~45W/最大:約90W
本体サイズ
幅376×奥行き308×高さ51.2mm
重量
約5.1kg、約5.0kg
OS
Windows XP Home Edition SP2
予想実売価格
24万円前後、21万5000円前後
出荷開始時期
今月下旬
“LaVie T”
SoundVu対応のワイド液晶パネルを内蔵する“LaVie T”

昨年10月にモデルチェンジを果たした“LaVie T”は、TVチューナーやMPEG-2ハードウェアエンコーダーに加えて、MPEG-2ハードウェアデコーダーや高画質化エンジン“VISITAL(ビジタル)”を内蔵し、高輝度・広色度域・広視野角(具体的な数値は非公開)のワイド液晶ディスプレーを搭載するAV志向のノートパソコン。この液晶ディスプレーは前面パネルの振動によって発音する“SoundVu(サウンドビュー)”機能を装備しており、一般的なノートパソコンのスピーカーとは一線を画す高音質を実現できるという。前モデルからの大きな変更点は、新たにCeleron M搭載の低価格モデルを追加したこと。



スタンド&リモコンで使い方もスタイリッシュなモバイルノート
LaVie A

型名
LA500/FD
CPU
超低電圧版Celeron M 383-1GHz
チップセット
インテル915GMS
メモリー
512MB/最大2GB(PC2-3200対応DDR2 SDRAM)
内蔵液晶ディスプレー
12.1インチワイドスーパーシャインビュー液晶ディスプレー(SoundVu対応)
表示解像度
1280×768ドット
グラフィックス
チップセット内蔵
HDD
約80GB
光ドライブ
スロットインDVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ
TV機能
なし
拡張スロット
TypeII×1 PCカードスロット、トリプルメモリーカードスロット
通信
Bluetooth V2.0+EDR、Gigabit Ethernet、56kbpsファクスモデム
インターフェース
USB 2.0×3、IEEE 1394×1、ビデオ出力(S-Video×1)、アナログRGB、オーディオ入出力
バッテリー
約5.0時間
消費電力
標準:約18W/最大:約50W
本体サイズ
幅304×奥行き211×高さ40.9(最薄部39.4)mm
重量
約1.6kg
OS
Windows XP Home Edition SP2
予想実売価格
19万円前後
出荷開始時期
今月下旬
モバイルノート“LaVie A”
ミュージックスタンド、リモコン、ワイヤレスマウスなどが同梱されているモバイルノート“LaVie A”。夏モデルのカラーリングはシルバーベースになっている

スタイリッシュなモバイルノートパソコン“LaVie A”の夏モデルは、1製品のみ。今年2月に新入・進学シーズン向けの低価格な新モデルを発表したことからも、スペックの向上よりも20万円を切る買いやすさ、手頃な価格をスペックをまとめ上げたことが分かる。

手ごろな価格といっても、メモリーは512MB、無線LANもIEEE 802.11a/b/g準拠トリプル無線LANを内蔵し、最近は接続可能な携帯電話機も増えてきたBluetoothを装備する。また、自宅に持ち帰ってからは音楽プレーヤーとして活用できるスピーカースタンド兼充電台“ミュージックスタンド”が標準添付されている。このスタンドに立てた場合はキーボードや内蔵ポインティングデバイス(タッチパッド)の操作が難しいので、付属リモコンやBluetooth接続のワイヤレスマウス(付属)が役に立つ。


“LaVie G タイプJ”(アドバンスト)
NEC Directの直販専用モデル“LaVie G タイプJ”(アドバンスト)

このほか、同社直販サイト“NEC Direct”では、店頭販売モデルのスペック(CPU種別、メモリーやHDDの容量など)を変更して購入できるほか、USB接続の外付けFeliCaポートを動じ購入することができる。また、直販専用モデルとして、スリム&軽量なモバイルノートパソコン“LaVie G タイプJ(アドバンスト)”が用意されている。スペックは1月発表のモデルから変更されていないが、プレインストールアプリケーションを一新したという。詳細については同社ウェブサイトを参照いただきたい。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン