このページの本文へ

やっぱり出る!? COMMELL製Mini-ITXフォームファクタの“Core Duo”対応マザーボード「LV-677DC」のサンプル版が登場!

2006年03月23日 21時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Pentium M系マザーではお馴染みのメーカーであるCOMMELLからMini-ITXフォームファクタの“Core Duo”対応マザーボード「LV-677DC」のサンプル版が秋葉原にお目見えした。代理店であるアイティーシーによると、価格は未定ながら4月中旬の発売を予定しているという。

LV-677DC
COMMELL製Mini-ITXフォームファクタの“Core Duo”対応マザーボード「LV-677DC」のサンプル版。価格は未定ながら4月中旬の発売を予定しているという

 この製品はチップセットに“i945GM”+“ICH7M”を搭載する“Core Duo”対応マザーボード。拡張スロットは、PCI-Express x16×1、Mini PCI×2という構成でDDR2 DIMM対応のメモリスロット(DDR2-533/677を4GBまで)は2本用意。またオンボードインターフェイスには、VGAやサウンド、IEEE1394、ギガビットイーサネット(Intel/82537L)、Serial ATA IIなどを搭載している。
 今回のサンプル版「LV-677DC」はACアダプタ駆動のモデルだが、ほかにATX電源コネクタを備える「LV-677」というモデルもラインナップ。今のところ、どちらのモデルも販売する予定となっているようだ。Mini-ITXフォームファクタのマザーでは実績のあるメーカーだけに、発売が待たれる製品のひとつといえるだろう。

マザー裏面 ブラケット部
マザー裏面はシンプル。搭載ケースを選ぶ必要もなさそうだVGAやサウンド、IEEE1394、ギガビットイーサネット(Intel/82537L)、Serial ATA IIなどを搭載
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ