このページの本文へ

豪華装備のGeode NX用Mini-ITXマザー「MB740」がiBASEから登場!

2005年12月16日 23時37分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iBASEからGeode NX用のMini-ITXマザー「MB740」が登場した。USB 2.0やIEEE 1394、Serial ATAポートなど搭載するなど、この手の製品としては豊富なオンボードインターフェイスが魅力となっている。

本体
らGeode NX用のMini-ITXマザー「MB740」。チップセットに“SiS 741CX”+“SiS 964”を搭載
Serial ATA
ATA 100×2以外に、Serial ATA×2を搭載する

 搭載するチップセットは“SiS 741CX”+“SiS 964”という構成で、拡張スロットはPCI×1、メモリスロットはDDR 2700対応×1(最大1GBまで)。チップセットによるVGA機能を搭載しており、ビデオメモリとしてメインメモリから最大64MB共有する。前述の通り、この製品の魅力は豊富なインターフェイスで、USB 2.0×6、IEEE 1394×1、Serial ATA×2などのほかに、mini PCI×1、mini AGP×1などを装備。またイーサネットポートとして100/10Base-T×1、ギガビットイーサネット×1や、S/PDIF×1(オプティカル)も搭載する。まさに強力な小型静音PCを自作したい人向けの製品と言えるだろう。価格はテクノハウス東映とパソコンハウス東映で3万9800円となっている。

そのほかインターフェイス
そのほかインターフェイスとしてmini PCI×1、mini AGP×1などを装備バックパネルインターフェイスはVGA、USB 2.0×4、100/10Base-T×1、ギガビットイーサネット×1、IEEE 1394、S/PDIF×1などを装備
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ