このページの本文へ

“RADEON X800 GT/GTO”対抗モデル!? “GeForce 6800 XT”を搭載する初のビデオカードがInno3Dからデビュー!

2005年09月28日 21時13分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  “GeForce 6800 XT”を搭載する初のPCI Express x16対応ビデオカード「GeForce 6800 XT」がInno3Dから登場した。ショップによると「すでに発売されている“GeForce 6800 LE”の上位モデル」とのこと。販売価格が2万円を切るお買得モデルとしても注目だ。

GeForce 6800 XT
“GeForce 6800 XT”を搭載する初のPCI Express x16対応ビデオカード「GeForce 6800 XT」
パッケージ
お馴染みのInno3Dパッケージに入って登場。ほかにバルク版も出回っている

 Inno3Dのウェブサイトによると“GeForce 6800 XT”は、下位モデル“GeForce 6800 LE”と同じパイプライン数8、メモリインターフェイス256bitなどという記載が確認できる。また販売ショップによると「XTのコア/メモリクロックは325MHz/700MHzで、LEの325MHz/600MHzよりも上位モデル」という。ちなみに“GeForce 6800”は、パイプライン数12でコア/メモリクロックは325MHz/700MHzというスペックだ。
 発売されたInno3D製「GeForce 6800 XT」は、リテール版とバルク版が同時に登場している。搭載メモリはDDR 128MBでインターフェイスはVGA/DVI/TV-OUTという構成。nVIDIA SLI用の切りかけも確認できた。価格はリテール版がアークで1万8980円、高速電脳で1万9800円。バルク版がクレバリー1号店で1万9393円(DVI-VGA変換、ケーブル、ドライバCD付き)となっている。
 価格およびスペック的にATI“RADEON X800 GT/GTO”対抗モデルとなる同製品だが、今回発売されたPCI Express x16対応モデルとほかにAGP対応モデルも用意されているという。未だに人気のAGPカードだけに、発売が待たれる製品といえそうだ。

カード裏面 メモリ
カード裏面。インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUTという構成。nVIDIA SLI用の切りかけも確認できるメモリはSAMSUNG製DDR 128MB。ほかにDDR3搭載モデルもあるようだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ