このページの本文へ

発表されたばかりの新GPU“RADEON X800 GTO”を搭載した初のExpress x16対応ビデオカードが玄人志向から

2005年09月22日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今月ATIから発表されたばかりの新GPU“RADEON X800 GTO”を搭載した初のExpress x16対応ビデオカードが玄人志向から登場した。発売されたのは搭載メモリDDR 128MBの「RDX800GTO-E128H」とDDR3 256MBの「RDX800GTO-E256H」の2モデルだ。

RADEON X800 GTO
ATIから発表されたばかりの新GPU“RADEON X800 GTO”を搭載したカードが早くも発売された
カード本体
GeCube(INFO TEK)のOEM製品で、銅製ヒートシンクに大型のファンというATI製カードお馴染みの外観だ

 “RADEON X800 GTO”は先日登場した“RADEON X800 GT”の上位モデルにあたる製品。ピクセルパイプライン数12本、バーテックスシェーダー6でリファレンスのコア/メモリクロックは400MHz/1GHz、メモリバス256bitという仕様だ。
 登場した2モデルは、いずれもGeCube(INFO TEK)のOEM製品で、銅製ヒートシンクに大型のファンというATI製カードお馴染みの外観。インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUT(HDTV対応)。玄人志向のウェブサイトによると、メモリDDR 128MBの「RDX800GTO-E128H」はコア/メモリクロックが400MHz/700MHz、DDR3 256MBの「RDX800GTO-E256H」は400MHz/1GHzとスペックが異なっている。なお、TWOTOP秋葉原本店によると来週にかけて他メーカーからも続々と同GPU搭載カードが発売されるということ。価格および販売ショップは以下の通りだ。

裏面 パッケージ
裏面にも銅版を装着メモリDDR 128MBの「RDX800GTO-E128H」はコア/メモリクロックが400MHz/700MHz、DDR3 256MBの「RDX800GTO-E256H」は400MHz/1GHzと仕様が異なるので注意
価格 ショップ
玄人志向
「RDX800GTO-E128H」
\19,770 フェイス
\19,780 TWOTOP秋葉原本店
\20,700 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
玄人志向
「RDX800GTO-E256H」
\24,770 フェイス
\24,780 TWOTOP秋葉原本店
\24,958 クレバリー1号店
\25,800 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ