このページの本文へ

恵安からLow Profile対応のTVチューナ/キャプチャカード「JH-TV7131R」が発売に

2005年07月21日 21時02分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 恵安から“自作本舗”シリーズの製品としてソフトウェアエンコードタイプのTVチューナ/キャプチャカード「JH-TV7131R」が登場した。Low Profile対応のカードとなっており、MPEG-1/2/4のリアルタイムエンコードに対応する。

本体 デコーダチップ
ソフトウェアエンコードタイプのTVチューナ/キャプチャカード「JH-TV7131R」デコードチップにはPhilips Semiconductors製“SAA7131”を使用

 チューナにはシリコンタイプを採用しており、デコーダチップにはPhilips Semiconductors製“SAA7131”を搭載する。キャプチャ時の最大解像度は720×576ドットとなっており、音声はドルビーAC3でのキャプチャに対応。2ヵ国語放送をサポートする。そのほかタイムシフト録画や追っかけ再生機能、マルチチャンネルプレビュー機能を搭載。インターフェイスはアンテナ端子(F型)×1、S-Video入力端子(付属ケーブルによるコンポジット入力に対応)×1、リモコン端子×1。付属品としてリモコンやリモコンの赤外線受光ユニットが付属。価格はフェイスとTWOTOP秋葉原本店で3980円。

インターフェイス リモコン
インターフェイスはアンテナ端子(F型)×1、S-Video入力端子(付属ケーブルによるコンポジット入力に対応)×1、リモコン端子×1とシンプル付属のリモコン
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ