このページの本文へ

XVD変換ソフトが付属したTVチューナ/キャプチャカード2製品がエスケーネットから登場

2005年07月02日 22時49分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エスケーネットからLow Profileに対応したTVチューナ/キャプチャカード「Monster TV V」と「Monster TV V-F」の2モデルが登場した。ソフトウェアエンコードタイプとなっており、両製品とも実売で5000~6000円台で販売されている。

本体
エスケーネット製のLow Profileに対応したTVチューナ/キャプチャカード「Monster TV V」と「Monster TV V-F」が登場。写真はFMチューナ非搭載の「Monster TV V」
デコーダ
デコーダチップにはPhilips Semiconductors製の“SAA7133HL/101”を搭載

 両製品ともにデコーダチップにはPhilips Semiconductors製の“SAA7133HL/101”を搭載。テレビチューナはVHFが1~12ch、UHFが13~62ch、CATVがC13~63に対応する。キャプチャ時の最大ビットレート/録画解像度はMPEG-1で1.15Mbps/352×240ドット、MPEG-2で9.5Mbps(CBR/VBR)/720×480ドット、Windows Media9で2.5Mbps(CBR)/320×240ドットとなっている。また、「MonsterTV V-F」はFMチューナを搭載。76.0~90.0MHzにチューニングが可能で、録音は44.1KHzのWindows Media Audio(WMA)形式でビットレートは64/96/128kbpsの3モードを選択可能だ。インターフェイスは共通でTVアンテナ端子(F型)×1、S-Video入力端子×1、アナログ音声端子(ミニジャック)×1となっており、「Monster TV V-F」のみFMアンテナ端子が別途搭載されている。付属品はLow Profile用のブラケット、専用リモコン、リモコン受光部(USB接続)、コンポジット/ミニジャック変換コネクタなどのほかに、ソフトでは動画編集ソフトの「movieFOLiO」、DVDオーサリングソフトの「DVD Expert」などが同梱される。なお、キャプチャした動画ファイルは「movieFOLiO」を使用してXVDファイルに変換可能となっており、パッケージにはXVD用のソフトウェアプレーヤも付属する。各ショップでの価格は以下の表の通り。

インターフェイス リモコン
「Monster TV V」のインターフェイスは、TVアンテナ端子(F型)×1、S-Video入力端子×1、アナログ音声端子(ミニジャック)×1。「Monster TV V-F」にはこれ以外にFM端子が搭載されている付属のリモコン
コネクタ 受光部
付属の変換コネクタ類USB接続のリモコン受光部が付属している
価格 ショップ
「Monster TV V」
\5,770 クレバリー1号店
クレバリーインターネット館
フェイス
\5,780 TWOTOP秋葉原本店
\5,980 ドスパラアキバ店
「Monster TV V-F」
\6,770 フェイス
\6,780 TWOTOP秋葉原本店
\6,980 ドスパラアキバ店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ