このページの本文へ

“Monster TV”シリーズの最新ハードウェアエンコードモデルが2製品登場!

2005年07月08日 03時02分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

   エスケーネットからTVチューナ/キャプチャカード「Monster TV VH」と「Monster TV VH-F」(FMチューナ搭載モデル)の2製品が登場した。以前紹介した、ソフトウェアエンコードモデルの「Monster TV V」と「Monster TV V-F」のハードウェアエンコード版となる。

「Monster TV VH-F」
ハードウェアエンコードに対応したTVチューナ/キャプチャカード「Monster TV V」と「Monster TV VH-F」が登場。写真はFMチューナ搭載モデルの「Monster TV VH-F」

 ソフトウェアエンコード版との相違点は、ハードウェアエンコーダの有無。エンコーダチップにはPhilips Semiconductors製“SAA6752HS/104”を搭載。最大15MbpsでのMPEG-2キャプチャのほか、最大25MbpsでのIフレームキャプチャが可能になった。また、キャプチャ時のGOP(Group of Pictures )形式やGOPフレーム距離など、ユーザが設定可能となっている。デコーダチップには、Philips Semiconductors製“SAA7133HL/101”を搭載している点や、対応チャンネルはVHFが1~12ch、UHFが13~62ch、CATVがC13~63に対応している点は「Monster TV V/V-F」と同じ。また、付属品やXVD変換ツール「movieFOLiO」が同梱される点も変わらない。価格は 以下の表の通り。

エンコーダチップ デコーダチップ
エンコーダチップにはPhilips Semiconductors製“SAA6752HS/104”を搭載デコーダチップにはPhilips Semiconductors製“SAA7133HL/101”を搭載。ここはソフトウェアエンコード版と同じだ
エスケーネット
「Monster TV VH」
\7,970 フェイス
\7,980 TWOTOP秋葉原本店
\8,480 ドスパラ本店
\8,780 TSUKUMO eX.
エスケーネット
「Monster TV VH-F」
\10,970 フェイス
\10,980 TWOTOP秋葉原本店
\11,300 ドスパラ本店
\11,480 TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ