このページの本文へ

120mm角ファンをサンドイッチ! 巨大ヒートシンクを搭載したCPUクーラー「Tower 120」が登場!!

2005年07月08日 21時08分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヒートパイプを採用した巨大なアルミ製ヒートシンク内部に120mm角ファンを内蔵するというユニークなTuniq製CPUクーラー「Tower 120」が登場する予定。代理店はサイズ。現在、サンプル版を高速電脳で展示中。予価5980円で来週発売予定としている。

Tower 120
サイズが131(W)×108(D)×153(H)mmとなる本体はかなり巨大
取り出す
内蔵する120mm角ファンは取り出すことも可能

 いわゆるタワー型と呼ばれる形状のCPUクーラー本体は、サイズが131(W)×108(D)×153(H)mm。3本のヒートパイプが多数のフィンを貫くというお馴染みの構造に加え、空洞となった中央部分に120mm角(25mm厚)ファンを内蔵するのが特徴だ。さらに内蔵する120mm角ファンは取り出すことも可能で、好みに応じて交換することもできる(ただし、後述のファンコントロール機能が使用できなくなる可能性あり)。対応CPUはLGA 775/Socket 754/939/940。ファンの回転数は1000~2000rpmで、付属のファンコントローラ(ブラケットタイプ)で調節できる。
 ちなみに、同社ウェブサイトの製品情報によると「Pentium 4 560Jをリテールパッケージ付属のファンで2600rpmで冷却した場合67℃。同じ環境で“Tower 120”を使用した場合、2000rpmで46℃(リテールのファンは59℃)、1000rpmで51℃(リテールのファンは66℃)になる」という記述も見える。

中央部分 120mm角ファン
空洞となった中央部分に120mm角(25mm厚)ファンを内蔵するというユニークな構造内蔵の120mm角ファン。好みに応じて交換することも可能(ファンコントロール機能が使用できなくなる可能性あり)だ
ベース部 横から
ベース部。対応CPUはLGA775/Socket 754/939/940横から見る。幅もあるので取り付けには注意が必要かも
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ