このページの本文へ

もうスパイ仕様ですか? USBメモリとMP3プレーヤとボイスレコーダが合体した腕時計が登場!

2005年05月11日 22時40分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PowerDisk Watchから、以前発売されていたフラッシュメモリ内蔵腕時計「PowerDisk Watch」に、さらにMP3プレーヤとボイスレコーダ機能を内蔵した「Analog MP3 Watch with Voice Recoreder」が登場した。接続端子が特殊なため専用ヘッドフォンが付属。現在サンコーレアモノショップで販売中だ。

「Analog MP3 Watch with Voice Recoreder」
USBメモリ、MP3プレーヤ、ボイスレコーダ機能内蔵腕時計「Analog MP3 Watch with Voice Recoreder」
専用USBケーブル
専用USBケーブルは伸縮式で持ち運びに便利

 腕時計の内部にフラッシュメモリを内蔵しており、付属の伸縮式USBケーブルでPCと接続するだけで自動的にリムーバブルディスクとして認識される。容量は128MB/256MB/512MBの3タイプが用意されている。
 MP3プレーヤ機能は、本体フラッシュメモリに保存されているMP3ファイルを再生可能。約9時間の連続再生ができる。対応ビットレートは32kbps~256Kbpsで、WMA形式には対応していない。専用ヘッドフォンの出力は5mW+5mWだが、付属の変換アダプタを使えば市販のステレオミニプラグのヘッドフォンも使用できる。

 ボイスレコーダ機能は、時計上部に配置したマイクで録音する。音声データはモノラルMP3形式でビットレート64Kbps、オーディオサンプリングレート16KHzで保存され、録音可能時間は128MBモデルで約260分、256MBモデルで約520分、512MBモデルで約1040分となる。音声データは時計本体およびパソコン上で再生可能。
 MP3プレーヤ機能とボイスレコーダ機能用に150mAh/3.7Vのニッケル水素充電池を内蔵し、付属の専用ACアダプタを時計本体の円形4ピン端子に接続して充電する。この円形4ピン端子は、USB1.1ポートとヘッドフォン端子も兼ねている。対応OSはWindowsXP/2000/ME/98SE。重量は150~180gで防水処理は施されていない。付属品は充電用ACアダプタ、専用USBケーブル、ステレオミニプラグ変換アダプタなど。価格は128MB版が1万2800円、256MB版が1万5800円、512MB版が1万9800円(取材時512MB版は売り切れ)。

円形4ピン端子 付属のヘッドフォンを接続
時計本体側面の円形4ピン端子はUSBケーブル、ヘッドフォン、ACアダプタ兼用。使用しないときはフタをしておこう円形4ピン端子に付属の専用ヘッドフォンを接続
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ