このページの本文へ

拡張スロットはPCI-Xが1本だけ!ASUSTeKからデュアルXeon用マザーボード「NCL-DR1」が!

2005年01月26日 23時54分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKから、拡張スロットが133MHz/64bit PCI-Xの1本のみという変わったデュアルXeonマザーボード「NCL-DR1」が登場した。販売しているのは高速電脳で、価格は7万800円だ。

拡張スロット
拡張スロットは133MHz/64bit PCI-Xの1本のみ。何を挿すべきか迷ってしまう
「NCL-DR1」
未完成品のような「NCL-DR1」。サーバー/ワークステーション向けの製品とはいえ、変わった仕様だ

 レイアウトは上の写真の通りだが、Extend ATXフォームファクタでサーバー/ワークステーション向けの製品とはいえ、なんとも変わった仕様だ。マニュアルによると、上位モデルとなる「NCL-DS」や「NCL-D」にはPCI-Expressをはじめ、複数のPCI-XスロットやPCIスロットも搭載するようだが、最下位モデルとなる「NCL-DR1」は、繰り返すがPCI-X133MHz/64bitが1本のみだ。
 おもな仕様はチップセットが“E7520+ICH5R”でメモリスロットが8(DDR2 400/Registered ECC対応)。ICH5RによるSerial ATA RAID対応ポートを2つ装備する。また、オンボードインターフェイスもシンプルで、Broadcom製チップによるデュアルギガビットイーサネットにATI“RAGE-XL”によるVGA機能のみ。サウンド機能は非搭載となっている。

South bridge パッケージ
South bridge周辺にも空きパターンが目立つ。上位モデルではSCSIコントローラなどがオンボードとなるようだASUSTeKの製品。Extend ATXフォームファクタなのでパッケージも大型
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ