このページの本文へ

Celeron M-600MHzオンボードのMini-ITXマザー「LV-671ZNSMP」がCommellから!

2005年01月14日 22時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 小型マザーボードでお馴染みのCommellから「Celeron M-600MHz」をオンボードするMini-ITXマザーボード「LV-671ZNSMP」が登場した。ファンレス仕様で、電源には付属のACアダプタを使用する。

「LV-671ZNSMP」 ヒートシンク
「Celeron M-600MHz」をオンボードする初めての製品「LV-671ZNSMP」North bridgeとCPU一体型のヒートシンクを採用することでファンレス動作が可能だ

 この製品は、600MHzという低クロックのCeleron Mをオンボードする初めてのマザーボード。North bridgeである“i852GM”とオンボードCPUの「Celeron M-600MHz」が、一体型の大型ヒートシンクによって冷却される仕組みだ。
 組み合わされるSouth bridgeは“ICH4”。拡張スロットはPCI、Mini PCI、DDR DIMM(DDR266/最大1GBまで)がそれぞれ1本。オンボードインターフェイスは、VGAと6チャンネルサウンド、ギガビットイーサネットなど。本日入荷を確認したのは高速電脳で、価格は5万1980円。同社ウェブサイトによると、この「LV-671ZNSMP」以外に、Mini PCIスロットの代わりにMini AGPスロットを装備した「LV-671ZNSMA」や、ボード裏面にCF/PCカードスロットを搭載した「LV-671ZMP」「LV-671ZMA」というモデルもラインナップされているが、入荷時期などは不明だ。

ブラケット部 マザー裏面
“i852GM”統合のVGA機能をはじめ、6チャンネルサウンドやギガビットイーサネットなどを装備するマザー裏面。CF/PCカードスロットを搭載した「LV-671ZMP」や「LV-671ZMA」というモデルもあるようだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ