このページの本文へ

PC用USBメモリ型FMトランスミッターが登場!USB接続と思いきや──?

2004年12月17日 18時42分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ノーブランドの商品として、USBメモリ型FMトランスミッター「SI-8351」が登場した。

パッケージUSBメモリ型FMトランスミッター「SI-8351」
出力切り替えスイッチ
本体の側面に切り替えスイッチがあり、出力周波数は88.7/88.1/88.5MHzの3種類を選択可能

 外観から、PCのUSBポートに接続すると自動的にUSBスピーカーのように認識されて動作し、デジタル音声データをFM波に変換するFMトランスミッターのように思われるが、さにあらず。実際は、本体にアナログ入力端子(ミニジャック)が搭載されており、PCのアナログ出力端子とケーブルで接続することにより音声を取得し、FM波に変換。USBポートは、USB接続の携帯電話充電ケーブルのように、電源の供給のためだけに利用する。よって、オーディオ出力とUSBポートを持つPCであればOSを問わず対応しており、USB電源さえ確保できればCDプレーヤやMDプレーヤ、MP3プレーヤといったPC以外のオーディオ機器でも使用できる。
 本体側面に出力周波数を切り替えるスイッチが用意されており、88.7/88.1/88.5MHzの3種類を選択可能。ショップによれば、音質は不明とのこと。本体サイズは20(W)×60(D)×10(H)mm、重さは15g。価格は、フェイスで1970円、TWOTOP秋葉原本店で1980円。

ウリ文句 使い方
USBから電源を供給されるだけなので、パッケージには“ドライバは不要”、“USB 1.1/2.0に対応”、“Windows/Mac両対応”などと表記されている利用する場面を想定した説明書
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ