このページの本文へ

サッカーボールから音が鳴る! 空気を入れて膨らませて使用するユニークなスピーカが発売!

2005年06月22日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 なんと、空気を入れて膨らませて使用するサッカーボール型スピーカ「Hot Air」が登場した。使わない時は、空気を抜いてたたんでおけるというのもユニークなところだ。

サッカーボール型
見た目はサッカーボール型ビーチボール。実物のサッカーボールよりは小さい
小さくなる
たたむと、こんなに小さくなる

 ビニール製の本体には、ビーチボールにあるような空気の吹き込み口が用意されており、そこから膨らませるというもの。底部にはスピーカユニットが取り付けられており、付属のアンプと接続することで2chスピーカーになる。空気で膨らませると音域が広がる……かどうかはさておき、ユニークな製品であることは間違いない。
 製品構成はスピーカ本体と、アンプ、ACアダプタ、それに単3乾電池で使えるバッテリパック。ポータブルオーディオプレーヤが普及しつつある中、コンセントいらずというのはレジャー向けに丁度よい製品といえるだろう。メーカーはノーブランド。なお、同時に四角柱型のモデルも発売されている。価格はドスパラ秋葉原2号店 Prime館とドスパラアキバ店で2980円だ。

底面 アンプ
底面にスピーカユニットを装備。空気で膨らませると音域が広がる……のか??アンプまでサッカーボールをイメージしたカラーリングに
バッテリーパック 四角柱型のモデル
単3電池6本で使えるバッテリパック。マジックテープでアンプとひっつけることができるこちらは四角柱型のモデル。撮影時には少々空気が抜け気味だった
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ