このページの本文へ

“nForce3 Pro250”チップセットのデュアルOpteronマザーがIwillから!

2004年07月27日 22時34分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DK8N」 本体
Iwill製のデュアルOpteronマザー「DK8N」フォームファクタはExtended ATX
マニュアルより RAID搭載
マニュアルより。“nForce3 Pro250”は、同社製Athlon 64用チップセット“nForce3 250/250Gb”のOpteron対応版Silicon Image製“Sil3114”チップによるRAID対応(0、1、0+1)ポートを4つ搭載

 Iwill製のデュアルOpteronマザー「DK8N」が入荷した。チップセットはnVIDIA“nForce3 Pro250”。同チップセットを搭載した製品はこれが初登場となる。

 “nForce3 Pro250”は、同じくnVIDIA製のAthlon 64用チップセット“nForce3 250/250Gb”と同様に本来は1チップ構成であるものの、今回の「DK8N」の場合はPCI-Xブリッジチップ“AMD8131”が搭載されており、2チップ構成となっている。拡張スロットはAGP Pro×1、64bit/100MHz PCI-X×2、64bit/66MHz PCI-X×2、32bit/33MHz PCI×1。DIMMスロットは4本ずつの計8本で、デュアルチャネルDDR400まで対応、ECCレジスタードタイプのみのサポートとなる。Realtek製“ALC655”による6チャンネルオーディオ、IEEE1394、ギガビットイーサネットがオンボード。Serial ATAポートはチップセットによる2ポートのほか、Silicon Image製“Sil3114”チップによるRAID対応(0、1、0+1)ポートを4つ搭載する。価格は高速電脳で6万6465円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ