このページの本文へ

“GeForce 6200”を搭載する初のビデオカードが玄人志向から登場!

2004年11月06日 22時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 nVIDIA“GeForce 6200”を搭載する初のビデオカードが玄人志向から登場した。ラインナップは、メモリ容量128MBの「GF62-E128H」と256MBの「GF62-E256H」の2モデルだ。

GF62-E256H
“GeForce 6200”を搭載する初のビデオカード。写真は256MBの「GF62-E256H」
パッケージ
ラインナップは、メモリ容量128MBの「GF62-E128H」と256MBの「GF62-E256H」の2モデル

 “GeForce 6200”は、GeForce 6シリーズ最下位モデルとなるGPU。上位モデルの“GeForce 6600/6800”と同様に、DirectX 9.0やVertex Shader3.0、Pixel Shader3.0などをサポートしながらも、パイプラインを4に削減(GeForce 6800 Ultra/GTは16、GeForce 6800は12、GeForce 6600は8)して低コストを実現している。PCI Expressにネイティブ対応となるが、SLI(Scalable Link Interface)のサポートは無し。メモリインターフェイスは“GeForce 6600”と同じ128bitバスでDDR SDRAMのみサポートする。
 発売された「GF62-E128H」と「GF62-E256H」は、どちらもSparkle製カードを採用。コア/メモリクロックは「GF62-E128H」が300/550MHz、「GF62-E256H」が300/500MHzとなる。インターフェイスはVGA、DVI、TV-OUTという構成で、HDTV出力にも対応する。価格は「GF62-E128H」がアークで1万2580円、フェイスで1万1970円、TWOTOP秋葉原本店で1万1980円、「GF62-E256H」がアークで1万4800円、フェイスで1万3970円、TWOTOP秋葉原本店で1万3980円と最下位モデルらしく低価格となっている。

仕様 インターフェイス
“GeForce 6200”は、GeForce 6シリーズ最下位モデルとなるGPU。irectX 9.0やVertex Shader3.0、Pixel Shader3.0などをサポートしながらも、パイプラインを4に削減して低コストを実現しているインターフェイスはVGA、DVI、TV-OUTという構成で、HDTVにも対応
ケーブル類 メモリクロック
付属のケーブル類。どちらもSparkle製カードを採用している128MBの「GF62-E128H」と256MBの「GF62-E256H」ではメモリクロックが異なるので注意が必要だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ