このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

NVIDIA、TurboCache技術を取り入れたローエンドGPU『GeForce 6200』と、GeForce 6x00シリーズ向けの高品位ビデオアクセラレーション技術“PureVideo”を発表

2004年12月20日 21時09分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TurboCache Technologyを実装したGeForce 6200(サンプル品) GeForce 6200のリファレンスカードを手にしたエヌビディア ディレクターの東正次氏。サンタコスチュームの美女に挟まれ、思わず顔もほころぶ?
TurboCache Technologyを実装したGeForce 6200(サンプル品)GeForce 6200のリファレンスカードを手にしたエヌビディア ディレクターの東正次氏。サンタコスチュームの美女に挟まれ、思わず顔もほころぶ?

エヌビディア(株)(以下NVIDIA)は20日、都内にて記者説明会を開催し、GeForce 6x00シリーズ向けの高品位ビデオアクセラレーション技術“PureVideo”と、ローエンド向けDirectX 9世代GPU(Graphics Processing Unit)『GeForce 6200』を発表した。

PureVideoについて説明を行なう、米NVIDIA社マルチメディア担当・ジェネラルマネージャーのスコット・ヴォーリ氏
PureVideoについて説明を行なう、米NVIDIA社マルチメディア担当・ジェネラルマネージャーのスコット・ヴォーリ氏

PureVideoとは、家庭向けパソコンでのDVDビデオやMPEG-2、WMVといったビデオ映像を、より高品質に表示する技術と、そのためのビデオ専用プロセッサーの総称である。専用プロセッサーと言っても独立したICチップではなく、GeForce 6x00シリーズ(NV4x)のGPUに内蔵された機能として提供されている。米NVIDIA社マルチメディア担当・ジェネラルマネージャーのスコット・ヴォーリ(Scott Vouri)氏はプレゼンテーションの中で、PureVideoについてパソコン向けでは唯一のプログラマブルなビデオ専用プロセッサーであり、ホームシアター品質のビデオ再生をパソコンで可能にすると述べた。

PureVideoの思想は、ソニーの“VAIO type V”シリーズや東芝の“Qosmio”シリーズが独自の仕組みで実装しているビデオ再生品質の向上技術を、GPU内部のビデオプロセッサーで実現しようというものである。これらの製品はインターレースのテレビ映像やMPEG-2ビデオをより美しく再生するため、GPUとは別にビデオ処理専用のプロセッサーを搭載し、インターレース/プログレッシブ変換や色補正、液晶パネル表示時の残像感を抑制するデジタルオーバードライブなどの処理を行なっている。PureVideoではこれらのポストプロセッシング部分をGPU自体で行なう。PureVideoのプロセッサーは、プログラマブルな16wayのSIMDベクトルプロセッサーで構成され、ビデオドライバーから与えられたビデオ処理プログラムに応じて、MPEG-2やWMVのデコードを行なう。ビデオプロセッサーがプログラム可能なおかげで、ビデオ処理プログラムを改良することで、GPUやグラフィックスカード自体は変更しなくても、新しい機能(たとえば新しいビデオ形式のデコードアクセラレーション)を加えることもできる。



PureVideoのビデオ専用プロセッサーの主な機能
PureVideoのビデオ専用プロセッサーの主な機能

PureVideoの主なビデオ処理機能には、以下のようなものがある。またこのほかにも、コントラスト差の少ない色の色潰れを防ぐ、色表現のダイナミックレンジの拡大なども備わっている。ヴォーリ氏の行なったデモでは、PureVideo対応のNVIDIA GPUと、そうした機能を持たないカナダATIテクノロジーズ社のRADEON X700で同じビデオを再生させて、優れた表示品質をアピールした。

●高品質のインターレース/プログレッシブ変換
インターレース形式で記録されたビデオ映像を、パソコンのプログレッシブ表示のディスプレーに表示する際に行なう変換処理をPureVideoで行なうことで、クシ状の残像が見える現象の抑制を行なう。
●3:2プルダウン補正、3:2プルダウン“Bad Edit”補正
たとえば映画(24コマ/秒)とテレビ映像(30コマ/秒)では秒間コマ数が異なり、この差を埋めるために同じフレームがだぶって表示され、細かな表現がぶれて潰れることがある。それを補正して、ディテール潰れを抑制する。
●水平4、垂直5タップのスケーリング
高解像度なパソコン用ディスプレーにビデオ映像を拡大表示する際に、スムーズでジャギーのない拡大を行なう。
インターレース/プログレッシブ変換の説明図。左がRADEON、右がPureVideoでの表示 3:2プルダウン補正の説明図。写真のため分かりにくいが、PureVideoでは斜めのレールがジャギーのない滑らかな表現になっている
インターレース/プログレッシブ変換の説明図。左がRADEON、右がPureVideoでの表示3:2プルダウン補正の説明図。写真のため分かりにくいが、PureVideoでは斜めのレールがジャギーのない滑らかな表現になっている
3:2プルダウン“Bad Edit”補正の説明図。車のフロントグリルに映る影が、PureVideoではぶれずにきれいに表現されている 色表現の説明図。パソコンでのビデオ表示では、微妙な白や黒、赤の階調表現が潰れがちだが、PureVideoでは色表現のダイナミックレンジを仮想的に10bit(通常は8bit)に拡大することで、階調差の少ない色が潰れるのを防ぐ
3:2プルダウン“Bad Edit”補正の説明図。車のフロントグリルに映る影が、PureVideoではぶれずにきれいに表現されている色表現の説明図。パソコンでのビデオ表示では、微妙な白や黒、赤の階調表現が潰れがちだが、PureVideoでは色表現のダイナミックレンジを仮想的に10bit(通常は8bit)に拡大することで、階調差の少ない色が潰れるのを防ぐ

またPureVideoはマイクロソフト(株)の定めた“VMR(Video Mixing Renderer)”に準拠した設計となっていて、3Dグラフィックスとの合成や複数ビデオのアクセラレーションを可能としている。これらはWindows Media Player 9、10や、Windows XP Media Center Edition 2005などでサポートされる。またグラフィックスのアーキテクチャが一新される次世代Windows“Longhorn”でも、重要な機能となるだろう。

PureVideoを利用するには、GeForce 6x00シリーズのGPU(6800、6600、6200、Go 6800、Go 6200など)と、PureVideoに対応したビデオドライバー、NVIDIA製のソフトウェアDVDプレーヤー『NVDVD』の新バージョン(20日に公開予定)、そしてWindows Media Player 9か10、もしくはWindows XP Media Center Edition 2005が必要となる。またWindows以外にも、LinuxやNVIDIAが開発中の家庭用パソコン向けメディアプレーヤーミニOS“nStant Media”などでも利用できるように開発が行なわれているという。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン