このページの本文へ

ミネベア製キーボードに“黒”バージョンが登場!

2004年10月23日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 軽快なキータッチで評価の高いミネベア製キーボード「RT6652TWJP」。現在は代理店のユーエーシーによるパッケージが出回っており、「CMY-6D4Y6」の名で多くのショップで人気商品となっている。本日、そのブラックバージョン「CMY-6D4Y6/B」が登場した。

「CMY-6D4Y6/B」
ミネベア製キーボードのブラックバージョン「CMY-6D4Y6/B」

 メーカー製PCへの採用も多く歴史の古いモデルだが、ブラックバージョンが単品販売されるのはおそらく初(ただし、同等品と見られる星野金属工業製「WiNDy VANGUARD」にはブラックがある)。クリーム色とアイボリーというクラシカルな色合いの「CMY-6D4Y6」に比べると、ぐっと精悍になった印象だ。
 キー数は109。ラバードーム/メンブレンスイッチという機構はごく普通の構成だが、メカニカルに近い明確なクリック感を持つのが特徴。インターフェイスはPS/2。価格はTSUKUMO eX.で4280円。

ユーエーシー RT6652TWJP
代理店はユーエーシー。かつては流通が限られていたが、現在は多くのショップで見かけるようになったミネベアによる製品名は「RT6652TWJP」。こちらの名前方が有名だろう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ