このページの本文へ

香港製「AIBO」もどきロボット犬販売中!

2004年09月09日 23時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ぷらっとホームで「AIBO」とよく似たロボット犬が売られている。名前は「i-Cybie」。「AIBO」もどきの類の製品は一時期大流行したこともあり「またか…」と一瞬思ってしまうが、この「i-Cybie」なかなかどうして侮れない製品のようだ。

i-Cybie ブルー犬
ぷらっとホームで売られている“イヌ”。名前は「i-Cybie」頭や鼻、背中、胴体といった部分にセンサーを内蔵。それぞれ個性を持って成長する人工知能によって、まるで子犬のような動きをするという

 頭や鼻、背中、胴体といった部分にセンサーを内蔵。個性を持って成長する人工知能を搭載しており、まるで子犬のような動きをするという。また、ユーザーの声に反応するところや、触られると喜ぶところなど、ロボット犬としての機能はひと通りそろっているようだ。別途ソフトウェアダウンロードによりソフトウェア開発キット(SDK)の入手が可能で、ユーザー自身で専用プログラムの開発が可能。価格も3万2800円と、この手の製品としては比較的安い部類となっているのもうれしいところだ。なお、カラーラインナップはゴールドとブルーの2色となっている。

金の犬 顔
ユーザーの声に反応するところや触られると喜ぶところなど、ロボット犬としての機能は一通りそろっているようだ単純に小型の体もなかなかにカワイイもので、価格も3万2800円と、この手の製品としては比較的安い部類となっているのもうれしいところ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ