ASCII.jp

拡大画像

ユーザーの声に反応するところや触られると喜ぶところなど、ロボット犬としての機能は一通りそろっているようだ

記事に戻る