このページの本文へ

ソニー、SO505iからAIBOをコントロールするiアプリを開発

2003年06月02日 17時11分更新

文● 編集部 栗山博行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は2日、5月31日から7月31日までの期間限定モデル、サイバーブルーAIBO『ERS-210A/LI』が、同日発表のソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(株)の携帯電話『SO505i』とのコラボレーションカラーモデルであることを発表した。ERS-210A/LIの価格は15万円。

サイバーブルーAIBO『ERS-210A/LI』
サイバーブルーAIBO『ERS-210A/LI』

コラボレーションの一環として同社は、SO505iからAIBOをコントロールできるiアプリ『AIBO EYES Watch』も開発した。AIBO EYES Watchは、ソニー・エリクソンのiモード公式サイト“SO@Planet”からダウンロードが行なえるように準備中だという。

AIBO EYES Watchは、メールを使ってAIBOを遠隔操作する、5月31日に発売した拡張パック『AIBOアイズ』と組み合わせてAIBOを操作するソフト。AIBOアイズでは、メールのサブジェクトに“AIBO MAIL”と記述されているものをAIBOへの命令とみなし、メールの本文に書かれたスクリプトにより、写真撮影や伝言再生などが行なえる。AIBOが撮影した写真は、メールに添付して携帯電話などで確認が可能。AIBOへのメールは、HTMLメールなど特殊な拡張を行なっていなければPDAや携帯電話からも送信できる。

AIBO EYES Watchは、このスクリプトをiアプリが生成するようにしたもので、ユーザーは設定画面を見ながらAIBOへの命令メールを作成し、メール送信が行なえる。

AIBOアイズ『ERF-220AP08J』
AIBOアイズ『ERF-220AP08J』

拡張パッケージのAIBOアイズ『ERF-220AP08J』は、16MBのAIBOプログラミングメモリースティック『ERA-MS016』と、AIBOワイヤレスLANカード『ERA201D1』をセットにした製品。価格は1万3000円。対応機種は、ERS-210/210A/220/220Aシリーズ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン