このページの本文へ

ギガビット対応ブロードバンドルータ!「NetGenesis SuperOPT-GFive」は30日発売!

2004年06月23日 00時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「NetGenesis SuperOPT-GFive」
マイクロ総合研究所製ギガビット対応ブロードバンドルータ「NetGenesis SuperOPT-GFive」

 現在のマザーボードはすでにギガビットイーサネットの搭載が当たり前となっているものの、一般に販売されるブロードバンドルータのLANポートは10/100BASE-TX止まり。そこで業務用ではない一般向けのギガビット対応ルータが登場することとなった。マイクロ総合研究所製ブロードバンドルータ「NetGenesis SuperOPT-GFive(型番:MR-OPTG5)」だ。現在TSUKUMO eX.にモックアップが展示中となっている。



ギガビット対応 インジケータにも「Giga」の文字
チラシより。全てのイーサネットポートが1000BASE-T(ギガビットイーサ)対応となっている本体前面のインジケータにも「Giga」の文字が

 LAN側×4、WAN側×1の全てのイーサネットポートが10/100BASE-TXのほか1000BASE-T(ギガビットイーサ)対応となっているのが最大の特徴で、もちろんAuto MDI/MDI-Xにも対応、ケーブルのクロス/ストレートを自動判別する。各LANポートに優先度を設定し、速度制限を設けて通信帯域を個別に割り振るQoSにも対応しているほか、LANポートごとに送受信速度の上限を設定することも可能。セキュリティ機能としてIPフィルタリングによるファイアウォール機能、IPアドレス変換(IPマスカレード)機能を搭載。LANポートをグループに分け異なるグループ間の通信を遮断するVLAN機能もそなえる。
 本体デザインはこれまでの「NetGenesis SuperOPT」シリーズから一新された横置き型で、サイズは288(W)×148(D)×30(H)mm。スループット値は、本体をローカルルータとして使用した場合のFTP転送で約240Mbps。TSUKUMO eX.での予価は2万7799円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ