このページの本文へ

AGPとPCI Express×16を両方搭載!ECS製LGA775マザー「915P-A」!

2004年06月23日 23時07分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「915P-A」 PCI Express×16とAGPの両方を搭載
ECS製“i915P”マザーボード「915P-A」PCI Express×16とAGPの両方を搭載するという特異な製品だ

 ECS製“i915P”マザーボード「915P-A」のサンプルがTSUKUMO eX.に入荷した。最大の特徴は、ビデオカード用スロットとしてPCI Express×16とAGPの両方を搭載していること。“i915P”は本来AGPをサポートしておらず、またビデオカード用スロットを2種類(PCIは除いて)装備するマザーという意味でも極めて特異。いかにも同社らしい製品と言えよう。



PCI Express×16とAGPの両方を搭載 展示会でデモを検討中
変換ブリッジチップらしきものは見当たらず、さらにPCI Express×16とAGPは排他ではないという7月3日(土)に“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”で開催される展示会でデモを検討中とのこと

 PCI Express×16スロットは通常どおり拡張スロット群の1番上となっており、AGPスロットは上から4番目、2本ずつのPCI Express×1スロットとPCIスロットの間に挟まれたこれまた奇妙な位置。変換ブリッジチップらしきものは見当たらない。ECSのウェブサイトによると、チップセットがサポートしないAGPスロットを同社独自の技術により用意したとのことで、“AGP Express”と銘打たれている。本当の意味でのAGPスロットとはやや異なる仕様のようで、カードやソフトウェアによっては本来のAGPよりパフォーマンスが低下することが注意点として挙げられており、特に低性能のGPUではそれが顕著になるとのこと。参考値として、“i865”マザーの場合に対しRADEON 9800XTでは5パーセントのパフォーマンス低下、RADEON 7000では48パーセント低下とされている。
 さらに驚くべきことに、代理店のマスタードシードによるとPCI Express×16スロットとAGPスロットは排他ではなく、同時使用によるマルチディスプレイが可能とのこと。国内での検証作業はまだ行われておらず詳細は不明であるものの、7月3日(土)に“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”で開催されるというECSのマザーボード展示会での動作デモを検討中とのこと。



DDR2 SDRAMとDDR SDRAMも両対応 基本的にはシンプル
目立たないところではあるが、DDR2 SDRAMとDDR SDRAMも両対応8チャンネルオーディオとギガビットイーサネットがオンボード

 その他のスペックは、チップセットは“i915P”+“ICH6”、IDE×1、Serial ATA×4、拡張スロットはPCI Express×16、PCI Express×1が2、PCIが2、AGP(“AGP Express”)。PCI Express×16/AGP両対応のインパクトが大きく目立たないところではあるが、DDR2 SDRAMとDDR SDRAMも両対応となっておりDIMMスロットはそれぞれ2本ずつ。8チャンネルオーディオとRealtek製“RTL8110S”チップによるギガビットイーサネットがオンボードとなっているが、IEEE1394やSerial ATA RAIDはなしと機能の上ではどちらかと言えばシンプル。発売は来週以降予定となっており、TSUKUMO eX.での予価は1万6600円。



※当初の記事では代理店をバーテックスリンクとしておりましたが、マスタードシードの誤りでした。お詫びして訂正いたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ