このページの本文へ

PCケースも“桜色”!? PCケースフレームキット「Lubic」に桜色の限定色登場

2004年03月31日 21時48分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
桜
春といえば“桜”春の限定色モデル「Lubic 桜 Limited」が登場

 春といえば“桜”。そんな中、カラフルなアルミ柱とレールのみで構成され、自分好みのPCケースが作れることで人気のPCケースフレームキット「Lubic」に春の限定色モデル「Lubic 桜 Limited」が登場した。



フレーム 限定20セット
同梱されるフレームはすべて桜色だ2モデル用意されているが、どちらも限定20セットとレアな製品だ

 ラインナップは桜色の256mmフレーム×20本の「LUBIC2525E-SL」と、同じく桜色の384mmフレーム×12本/192mmフレーム×12本の「LUBIC3819-SL」の2モデル。取付け用金具やネジ類などの付属品が付き、どちらも限定20セットというレアなモデルとなっている。
 自分の好きなように組み立てるというのが大きな魅力の「Lubic」シリーズだが、標準的な箱型に組み立てた時のサイズは「LUBIC2525E-SL」が256(W)×288(D)×256(H)mmのMicro ATXサイズ、「LUBIC3819-SL」が420(W)×192(D)×420(H)mmのATXサイズとなる。現在OVERTOPでは「LUBIC2525E-SL」のみを販売しており、価格は1万3400円(税込み)。「LUBIC3819-SL」は週末に入荷予定となっているほか、アークでも2モデルが今週中に販売される予定だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ